【スペック】全長×全幅×全高=3850×1670×1540mm/ホイールベース=2460mm/車重=1080kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5250rpm、13.6kgm/3250rpm)/価格=196.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC3 1.4(FF/2ペダル5MT)【試乗記】

小柄ながら長距離も疲れない 2006.03.28 試乗記 シトロエンC3 1.4(FF/2ペダル5MT)……196.0万円曲線を多用したかわいらしいデザインのコンパクトカー「シトロエンC3」がフェイスリフト。4ATからセンソドライブに変更され、若干のパワーアップを果たした1.4リッターモデルに試乗した。

今もなおに新鮮

シトロエンC3が2002年の登場以来、初めてのフェイスリフトを受けた。外観上の変更点は、グリルの横バーが太い3本になり、ダブルシェブロンも大きくなったことだ。テールランプは中身の中央部がクリスタル調に変更されたが、どことなく往年の2馬力(2CV)を思わせる可愛らしい基本形は変わらない。
C4やC6の登場がバックアップしてくれていることもあり、シトロエンらしいユニークな造形は、流行を追うことなしに新鮮さを保っている。逆に言えばそれだけオリジナルデザインに先進性があり、よく練られた結果の独自性や完成度が認められるということだろうか。C3もまた長生きしそうな造形ではある。

フェイスリフトと同時にラインナップが整理され、1.4はセンソドライブ、1.6は4段ATとの組み合わせになる。1.4リッターユニットは今回ヘッドが改良され、DOHC16バルブとなり、75psから90psへとパワーアップを果たした。

高回転までスムーズに回る

一般的なトルコン式4段ATが、1.6リッター110psエンジンと組み合わされ、自重1160kgのボディを受け持つ。今回試乗した1.4リッターのほうは1080kgとより軽い。センソドライブは通常のマニュアルギアボックスのダイレクトさを感じさせるとともに、クラッチワークやシフト操作が油圧で自動化されて簡便さを両立させている。
このセンソドライブはアルファやフェラーリでもお馴染みの、セレスピードとかF-1システムと呼ばれるものと基本原理は同じものである。こちらはギアの慣性も小さく、いわゆる舟を漕ぐようなパワーの途切れと、クラッチミートのラグや繋がる時のショック感覚は少ない。もちろん手動で積極的にシフトすることも可能で、そのほうが変速リズムに乗りやすいが、エンジン回転の電子制御は巧妙で、シフトダウン時の回転合わせなどはダブルクラッチこそ踏まないものの、実にスムーズに執り行われる。よってトルコンATのスリップ感を嫌う人にはこちらがお薦め。

また左足ブレーキ等でAとBペダルを同時に踏むような状況でも、一部のドイツ流ATのように、エンジンがストールすることなく、危なげなくスムーズな運転が可能。手元で変速できるパドルシフトもパドル自体が固定された場所にあり、操舵中のシフトでも捜さずにすむ。6000rpmまで回した場合、1速=57、2速=92、3速=132km/hまで引っ張れる計算になり、特に3速のカバーする範囲は広く、上り坂での追い越しなどでも威力を発揮する。
1.4でもなかなか速い。最近は3000rpm以下で高速道路までカバーする大きめのエンジン排気量をもつものもあるが、このエンジンは高回転域までスムーズで気持ちよく回るし、ちゃんと上まで回してこそエンジンの良さを楽しめる。さらに回しても燃費を気にしなくてもいいのが1.4の存在価値だ。高回転まで回すと急激に燃費悪化する国産エンジンとの違いは大きい。

シートはケチっていない

サスペンションはフランス車に期待するフンワリとソフトな感触はなく、しっかりダンピングの効いた硬めのものである。が、目地段差などのショックもバネ下がよくストロークして吸収し、ボディの変位は少ないままフラットに通過する。バネ下重量の点で、1.4の装着タイヤは185/60R15と適切。1.6は195/50R16と大きく、やや重いと感じる。
日本車にはかなり大きなクルマでも、ブルブルした振動や姿勢変化を繰り返すものも多く、たとえば走行中に文字を書くのが震えて難しくもある。C3は身なりは小柄ながらそのあたりの挙動は安定しており、文字は普通に書くことができた。長時間のドライブでも、過去C3で東京と北海道の往復を果たしているが、不当に疲れることはなかった。それに4m以下の全長はフェリー料金も安いという美点もある。
また、なりは小柄でもシートをケチらないのがフランス車だ。座面の長さもちゃんとあり、角を丸めてあるデザインは乗り降りの際にも優しい。座ると沈むクッションストロークもたっぷりあり、硬いシートで身体をホールドするタイプとは根本が異なる。

新しいC3、価格は1.4が194.0万円、1.6が211.0万円。パーキングアシスタンスやクルーズコントロールなどの装備が上乗せされる1.6エクスクルーシブは224.0万円で、17.0万円でレザーパッケージオプションを追加可能。さらに長く大きなスカイルーフは全車に9.5万円で装着できる。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏/2006年3月)

関連記事
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジNEW 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る