【スペック】 全長×全幅×全高=4431×1904×1252mm/ホイールベース=2650mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(420ps/7800rpm、43.6kgm/4500〜6000rpm)(欧州仕様)

アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【海外試乗記】

スポーツカーでも、“らしさ”を失わない 2007.02.08 試乗記 アウディR8(4WD/2ペダル6MT)

2003年のコンセプトカー「ルマン・クワトロ」発表からおよ3年半の時を経て市販された「R8」。同社初の量産ミドシップスポーツカーのフィーリングを確かめるべく、アメリカ・ラスベガスで試乗した。

日常性に配慮したスポーツモデル

ルマン24時間レースで伝説的な連勝記録を作った名レーシングカーと同じ名前を戴く、アウディ初の本格ミドシップスポーツカー「R8」。このクルマは、2003年のフランクフルト・モーターショーで初披露され、その後東京でも展示されたコンセプトカー「ルマン・クワトロ」の市販バージョンである。

実際、基本フォルムは内外装ともにほとんどそのままと言っていいほどだ。
しかしエンジンは最高出力610psを誇ったルマン・クワトロのV型10気筒5リッターFSIバイターボではなく、「RS4」譲りのV型8気筒4.2リッターFSI(420ps)に置き換えられている。

アウディによれば、ライバルと見据えるのはフェラーリやランボルギーニなどのスーパースポーツではなく、より日常性に配慮したスポーツモデルだという。なにしろプレゼン資料には、「シート後方の90リッターのスペースにゴルフバッグが2つ入る」と高らかに謳われているくらいなのだ。

要するにその最大のライバルは、こちらはゴルフバッグを積むのは厳しいとはいえ、やはり「ポルシェ911カレラ4」ということになるのだろう。そこにアウディらしいデザインそしてテクノロジーで勝負を挑もうというのが、このR8である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
ホームへ戻る