新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用

2007.02.08 自動車ニュース

新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用

BMWジャパンは、7年ぶりにフルモデルチェンジされた4座オープン「3シリーズ・カブリオレ」である「BMW 335iカブリオレ」の予約受付を、2007年2月9日にスタートさせる。価格は、3シリーズ随一の783.0万円。

■フルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップ

3シリーズのオープンモデルとしては4代目となる新型「BMW 335iカブリオレ」は、ご多分に洩れず、ソフトトップではなく電動で折りたたまれ格納される「フルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップ」を積んで登場した。

サンドイッチ軽量構造を持ち3分割されるスチール製ハードトップで、クーペとオープン、1台で2役をこなせるのが特徴となる。

スイッチを押すと22秒でオープン、23秒でクローズ完了。とかく犠牲になりがちなトランクルーム容量は、通常350リッター、格納時にも210リッター確保される。

またスチールの剛性によりCピラーを補足できたことで、先代比で後方視界が38%よくなったという。

エンジンは、既にクーペ、セダン、ワゴンにも設定される直噴の3リッター直6ツインターボ(306ps、40.8kgm)で、これにステップトロニック付きの6段オートマチックが組み合わされる。ステアリングホイール位置は左右両方から選べる。

操作インターフェイス「iDrive」をはじめ、赤外線を反射するレザー内装「サン・リフレクティブ・テクノロジー」、オープン時にも空調を制御する「カブリオレ・モード」付きのオートエアコン、一体可倒式でラゲッジスペースを拡大できるリアシートバック、車両の横転に備えてロールオーバーバーが瞬時に飛び出す「ロールオーバー・セーフティ・システム」などなど、豊富なアイテムが備わる。

(webCG 有吉)

BMW:

http://www.bmw.co.jp/

 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像

関連キーワード:
3シリーズ カブリオレBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • 【東京モーターショー2017】BMWは「コンセプトZ4」など5車種をアジア初公開 2017.10.5 自動車ニュース BMWジャパンは2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)の出展概要を発表した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る