新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用

2007.02.08 自動車ニュース

新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用

BMWジャパンは、7年ぶりにフルモデルチェンジされた4座オープン「3シリーズ・カブリオレ」である「BMW 335iカブリオレ」の予約受付を、2007年2月9日にスタートさせる。価格は、3シリーズ随一の783.0万円。

■フルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップ

3シリーズのオープンモデルとしては4代目となる新型「BMW 335iカブリオレ」は、ご多分に洩れず、ソフトトップではなく電動で折りたたまれ格納される「フルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップ」を積んで登場した。

サンドイッチ軽量構造を持ち3分割されるスチール製ハードトップで、クーペとオープン、1台で2役をこなせるのが特徴となる。

スイッチを押すと22秒でオープン、23秒でクローズ完了。とかく犠牲になりがちなトランクルーム容量は、通常350リッター、格納時にも210リッター確保される。

またスチールの剛性によりCピラーを補足できたことで、先代比で後方視界が38%よくなったという。

エンジンは、既にクーペ、セダン、ワゴンにも設定される直噴の3リッター直6ツインターボ(306ps、40.8kgm)で、これにステップトロニック付きの6段オートマチックが組み合わされる。ステアリングホイール位置は左右両方から選べる。

操作インターフェイス「iDrive」をはじめ、赤外線を反射するレザー内装「サン・リフレクティブ・テクノロジー」、オープン時にも空調を制御する「カブリオレ・モード」付きのオートエアコン、一体可倒式でラゲッジスペースを拡大できるリアシートバック、車両の横転に備えてロールオーバーバーが瞬時に飛び出す「ロールオーバー・セーフティ・システム」などなど、豊富なアイテムが備わる。

(webCG 有吉)

BMW:

http://www.bmw.co.jp/

 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像
 
新「BMW 3シリーズ・カブリオレ」、電動ハードトップ採用の画像

関連キーワード:
3シリーズ カブリオレBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 「BMW i8」のオープントップモデル発売 2018.4.10 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月9日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に一部改良を施すとともに、オープントップモデルの「i8ロードスター」をラインナップに追加し、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • 【東京モーターショー2017】BMWは「コンセプトZ4」など5車種をアジア初公開 2017.10.5 自動車ニュース BMWジャパンは2017年10月5日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)の出展概要を発表した。
  • BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【試乗記】 2009.7.30 試乗記 BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)
    ……579万2000円

    「ロードスター」と「クーペ」をひとつにまとめ、リトラクタブルハードトップを採用した新型「Z4」。旧型との違いはいかなるものか? 2.5リッターモデルでその走りを試した。
ホームへ戻る