【スペック】全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=256万2000円(テスト車=286万5450円)

トヨタ・ブレイドG(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ブレイドG(FF/CVT) 2007.02.07 試乗記 ……286万5450円
総合評価……★★
欧州市場を視野に入れた「トヨタ・オーリス」、国内で勝負をする「ブレイド」。2.4リッター直4を積んだハッチバックはどうなのか?

トヨタ・ブレイドG(FF/CVT)【ブリーフテスト】

タイミングの問題

「トヨタ・ブレイド」は、「オーリス」で欧州市場激戦区Cセグメントへの挑戦を本格化したトヨタが、オーリスをベースに国内向けに開発した上級5ドアハッチである。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「フォード・フォーカス」といったハッチバックへの需要が根強いヨーロッパとは対照的に、2ボックスが低迷する日本マーケットで、オーリスよりもうちょっといいお値段で売りたい。数は限られるけれど、輸入車へ向かう年輩ユーザーの流れをバッサリ断ち切りたい。そうした願いを込めて、ニューモデルは投入された。いうまでもなくブレイドは、“BLADE=刃(やいば)”の意。

トヨタの刃の強みは、バックスキンの内装と、このクラスでは異例の2.4リッター直4エンジン。ブレイドGの価格256万2000円は、オーリス180Gの191万6250円と比較するとお高いが、2リッターのゴルフGLIで282万円、を考えるとリーズナブル。

ジマンの内装は、初めてドライバーズシートに座るとギョッとする……じゃなかった。「オッ」と思わせるし、走らせれば“1400kgに167ps”はなかなか速い。「できる範囲ですいぶん頑張ったんじゃないでしょうか」との感想を抱く。が、しかし、最大のライバルと目されるゴルフが、タイミングよく(悪く?)小排気量1.4にスーパーチャージャー+ターボチャージャーを組み合わせた“パワフルかつ燃費向上!”なTSI搭載モデルを出してきて、ブレイド、なんか肩すかしをくらった感じ。そのうえ「大排気量+豪華内装」の企画が、にわかに安易に見えてくるのが、ツラい。カタログ燃費は13.4と、決して悪くはないのだが……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る