【スペック】全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=256万2000円(テスト車=286万5450円)

トヨタ・ブレイドG(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ブレイドG(FF/CVT) 2007.02.07 試乗記 ……286万5450円
総合評価……★★
欧州市場を視野に入れた「トヨタ・オーリス」、国内で勝負をする「ブレイド」。2.4リッター直4を積んだハッチバックはどうなのか?

トヨタ・ブレイドG(FF/CVT)【ブリーフテスト】

タイミングの問題

「トヨタ・ブレイド」は、「オーリス」で欧州市場激戦区Cセグメントへの挑戦を本格化したトヨタが、オーリスをベースに国内向けに開発した上級5ドアハッチである。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「フォード・フォーカス」といったハッチバックへの需要が根強いヨーロッパとは対照的に、2ボックスが低迷する日本マーケットで、オーリスよりもうちょっといいお値段で売りたい。数は限られるけれど、輸入車へ向かう年輩ユーザーの流れをバッサリ断ち切りたい。そうした願いを込めて、ニューモデルは投入された。いうまでもなくブレイドは、“BLADE=刃(やいば)”の意。

トヨタの刃の強みは、バックスキンの内装と、このクラスでは異例の2.4リッター直4エンジン。ブレイドGの価格256万2000円は、オーリス180Gの191万6250円と比較するとお高いが、2リッターのゴルフGLIで282万円、を考えるとリーズナブル。

ジマンの内装は、初めてドライバーズシートに座るとギョッとする……じゃなかった。「オッ」と思わせるし、走らせれば“1400kgに167ps”はなかなか速い。「できる範囲ですいぶん頑張ったんじゃないでしょうか」との感想を抱く。が、しかし、最大のライバルと目されるゴルフが、タイミングよく(悪く?)小排気量1.4にスーパーチャージャー+ターボチャージャーを組み合わせた“パワフルかつ燃費向上!”なTSI搭載モデルを出してきて、ブレイド、なんか肩すかしをくらった感じ。そのうえ「大排気量+豪華内装」の企画が、にわかに安易に見えてくるのが、ツラい。カタログ燃費は13.4と、決して悪くはないのだが……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る