精悍で力強い、「スズキ・ワゴンR スティングレー」発売

2007.02.05 自動車ニュース

精悍で力強い、「スズキ・ワゴンR スティングレー」発売

スズキは、軽ハイトワゴンの「ワゴンR」の姉妹車となる「ワゴンR スティングレー」を2007年2月5日に発売した。

基本コンポーネンツを「ワゴンR」と同じくする「スティングレー」は、「精悍かつ力強い印象の外観デザインと、黒を基調とした質感が高い内装を採用」(プレスリリース)したという。

そのフロントマスクは、ディスチャージヘッドランプとグリルが横一列に並んだレイアウトとなり、ワゴンRとは大きく違う印象を醸し出す。フロントバンパーはもちろんのこと、ボンネットフード形状もオリジナル。リアビューではクリアタイプのコンビランプが用いられるなどの区別が図られた。

力強さを表現したと謳われるインテリアは、黒基調で統一。ブラックメッキパーツや黒基調の専用シート表皮などが用いられる。

「スティングレー」のラインナップは、可変バルブタイミング機構を取り入れた直3NAユニット(54ps)搭載の「X」と直3DOHCターボ(60ps)の「T」、さらにトップグレードとして直噴ターボエンジンを採用した「DI」の3種となる。それぞれにFFと4WDが用意され、組み合わせられるトランスミッションはいずれも4段AT。

キーレススタートシステムは全グレードに標準、「T」「DI」にはターンランプ付きドアミラーも与えられる。「DI」には7スピーカーを配したサウンドシステムも奢られる。

ボディカラーは全6色が用意され、価格は116万5500円から160万8600円。

(webCG 本諏訪)

 
精悍で力強い、「スズキ・ワゴンR スティングレー」発売の画像
「DI」グレードのインパネ
「DI」グレードのインパネ
 
精悍で力強い、「スズキ・ワゴンR スティングレー」発売の画像

関連キーワード:
ワゴンRスティングレースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る