第302回:メルセデス・ベンツCL試乗「こ、これはコンチネンタルGTショックかも?」

2007.02.02 エッセイ

第302回:メルセデス・ベンツCL試乗「こ、これはコンチネンタルGTショックかも?」

間違いなくSより強烈

うーん、いい! 問答無用にいい!! ハッキリ言ってかなり気にいってしまいましたね。新型CL。もちろんお値段約1500万円から2000万円までと、俺なんか手の届くシロモノじゃないんだけど、現行SLに引き続き「万が一、宝クジ当たったら買っちゃうかも?」と思える出来であります。

とにかく全体的に「別格感」溢れてんだよねぇ。まずはスタイル。一見、Sクラスをクーペにしたような、あるいはスタイリッシュセダンのCLSのエッセンスを取り入れたようなカタチなんだけど、とにかく存在感が違う。

旧型は正直、ベースのSクラスを単にクーペ化しただけの「バリエーション違い風」だったけどそんなんじゃない。間違いなくSより強烈な味に仕上がってます。少なくとも単なる「Sクラスの2ドア版」ではない。

この違い、独断と偏見で言っちゃうと“コンチネンタルGTショック”の影響なんじゃないかなぁ。

2002年に出て、初の2000万円級ベントレーってことで世界中のお金持ちの注目をさらった高級2ドアクーペ、ベントレー・コンチネンタルGT。あれの登場で一番被害をこうむったのは間違いなくメルセデス・ベンツであり、なかでもライバルど真ん中はCL。だから新型を作るにあたり、コンチGTの圧倒的存在感、圧倒的高品質に負けない! と考えたのはしごく当然であり、実際そのように仕上がってるのだ。

2006年11月27日に発売された新しい「CLクラス」。ボディは先代より大型となり、全長は5メートルを超える堂々とした体躯。
2006年11月27日に発売された新しい「CLクラス」。ボディは先代より大型となり、全長は5メートルを超える堂々とした体躯。

第302回:メルセデス・ベンツCL試乗「こ、これはコンチネンタルGTショックかも?」の画像

第302回:メルセデス・ベンツCL試乗「こ、これはコンチネンタルGTショックかも?」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』