【スペック】 全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/ホイールベース=2550mm/車重=950kg/駆動方式=MR/0.66リッター直3DOHC12バルブ(52ps/7000rpm、5.8kgm/4000rpm)/価格=126万(テスト車=151万8300万円)

三菱 i LX(MR/4AT)【ブリーフテスト】

三菱 i LX(MR/4AT) 2007.02.02 試乗記 ……151万8300円
総合評価……★★★

リアにエンジンを置いた軽乗用車としてなにかと話題にのぼる三菱「i(アイ)」。自然吸気(NA)エンジン搭載モデルが追加された。顧客の要望が多かったというNAモデルを試す。

三菱 i LX(MR/4AT)【ブリーフテスト】

「お買い得」モデル!?

時の経つのは早いもので、革新的なパッケージングとデザインで話題をさらった三菱アイが登場して、約1年が経過した。

軽自動車枠(全長×全幅×全高:3400×1480×2000mm)を攻めに攻めてタイヤをめいっぱい四隅に配置、なおかつ最重量物であるエンジンをリア床下に搭載することで、コミュータータイプの軽自動車としてはリッチな室内空間を実現したのはご存じの通り。

今回はそのアイに、さらなる「お買い得車」として、自然吸気エンジン搭載モデルが誕生した。果たしてその実力は「シティコミューターとしては充分」なものなのか、単なる「廉価グレード」に過ぎないものなのか?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る