第21章:「伊魂ゲル才? 新型ブラーヴォにフィアットが託すコトとは……」

2007.02.02 エッセイ

第21章:「伊魂ゲル才? 新型ブラーヴォにフィアットが託すコトとは……」

新型ブラーヴォ。サイズは4340× 1790×1490mm。ホイールベース2600 mm。5ドアのみ。
第21章:「伊魂ゲル才? 新型ブラーヴォにフィアットが託すコトとは……」

グランデプントの姉貴登場

1月30日、フィアットの新型「ブラーヴォ」が、首都ローマで発表された。欧州自動車市場の激戦区であるセグメントCに投入する新型である。

妹分である「グランデプント」のイメージを継承したエクステリア・デザインは、フランク・ステファンソン率いるチェントロスティーレ・フィアットによる。
細かいところでは、これを機会に1999年以来使われてきた青地のFIATエンブレムも、CI会社の手によって赤地のものにモディファイされた。

パワーユニットのうち、予想される売れ筋は今日の欧州自動車事情を反映して1.9リッター「マルチジェット」コモンレール・ターボディーゼル(120/150ps)だ。
いっぽうガソリン仕様には、「Tジェット」と名づけられた低燃費・低公害の新開発直噴1.4 リッター16バルブターボ(120/150ps)も近いうち用意される。

変速機は当初は5段と6段マニュアルのみ。価格は1万4900ユーロ(約234万円)からとなっている。

テールランプは初代(日本ではブラビッシモの名前で販売された)のイメージを再現している。
第21章:「伊魂ゲル才? 新型ブラーヴォにフィアットが託すコトとは……」(大矢アキオ)

セグメントCで輸入車に勝てない

ところでフィアットはセグメントCで、過去20年の間、屈辱的ともいえる辛酸をなめてきた。故郷イタリアで、輸入車に勝てないのである。

その先駆けとして期待を背負わされたのは1988年発表の「ティーポ」だった。「VWゴルフ」をイタリア半島から駆逐することを標榜したものの、目標は果たせなかった。

その後継モデルとして1995年に登場した初代ブラーヴォは、姉妹車「ブラーヴァ」「マレア」とともにデビュー当初それなりに善戦した。
しかし次第に苦戦するようになり、モデル末期には一般ユーザー向けというよりも大量納入された官公庁やパトカーのイメージが強くなってしまった。

続いて2001年にデビューした「スティーロ」は、擬似ドイツ車的スタイングが不評をよんだうえ、ユーザーの間では「電装系が弱い」という評判がつきまとった。
筆者の周囲にもスティーロ3ドアを購入したものの、たび重なる修理入庫に愛想をつかせて乗り換えてしまった知人がいた。また、各地のディーラーには、すでにナンバーが付いた即納スティーロが展示されていたものだった。

参考までに、2006年11月のイタリア国内新車登録で、VWゴルフは3472台を記録したのに対し、スティーロはワゴンを合わせても1929台に留まった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

イタリアコラムニスト。1966年東京生まれ。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒。 二玄社『SUPER CG』編集部員を経て、1996年独立と同時にイタリア在住。 著書に「イタリア式クルマ生活術」光人社刊 ほか著書多数。