第301回:トヨタ・ブレイド試乗“コンパクトカーの壁”は突破できるか?

2007.01.31 エッセイ

第301回:トヨタ・ブレイド試乗“コンパクトカーの壁”は突破できるか?

なんでこれをヨーロッパで出さないの?

そう言えば前回ついに連載300回を突破しましたっ! 俺自身にパチパチパチ……ってな話はさておき、先日トヨタ・ブレイドに試乗してきました。
クルマは……まあ良かったですね。正直、インパクトはそれほどでもなかったけど、スタイリングはカッコいいし、走りも悪くない。

っていうかね。一番の驚きはトヨタ車っぽくないことよ。もちろん、最近のトヨタ車は昔全般的にあった“ベタな感じ”が薄れてて、ボディはしっかりしてるし、デザインもワールドワイドっちゅうか、シンプルかつ力強いものになってる。

でもコイツには特にそれを感じたなぁ。デザインや走りもそうだけど、なによりも、言い方は悪いが手を抜いてる感じがしない。前はコンパクトカーっていうと、どうにもシートがしょぼかったり、テールレンズが安っぽかったり、全体的にコストカットの匂いがしたけど、コイツにはそれがない。

まあそれこそがトヨタの狙いで、要するにこのクルマは「上級セダンの味をコンパクトクラスで」ってコンセプトで、2.4リッターエンジンを積んだり、リアサスをダブルウィッシュボーンにして操安性と乗り心地の両立を図ったり、インテリアにスウェード調の新素材グランリュクスってのを使って高級感を出したりしてるんだけど、俺が素朴に感じたのは、なんでこれをヨーロッパで出さないの? ってとこだ。


第301回:トヨタ・ブレイド試乗“コンパクトカーの壁”は突破できるか?の画像

第301回:トヨタ・ブレイド試乗“コンパクトカーの壁”は突破できるか?の画像
ユニークなセンターコンソール形状などは、オーリスと同じ。
ユニークなセンターコンソール形状などは、オーリスと同じ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』