【スペック】全長×全幅×全高=4235×1775×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(224ps/5500rpm、30.6kgm/3000rpm)/価格=379.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】

ドライバーの思いのまま 2007.01.31 試乗記 ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)
……379.0万円
2006年10月25日に発売されたルノーの高性能スポーツモデル「メガーヌRS」に、2005年F1チャンピオンシップ獲得を記念したモデルが登場。専用チューニングの限定モデルに試乗した。

30台の限定車

2005、2006年と、F1でコンストラクターとドライバーのダブルタイトルを獲得したルノー。その栄光にあやかったモデルが、日本でも限定30台で発売された。マイナーチェンジを受けた「ルノー・メガーヌ・ルノースポール(RS)」3ドアに用意された、“F1チーム・リミテッドエディション”である。

フランスのナショナルカラー、ブルーに塗られたボディには、F1カラーのストライプやルノーF1チームのロゴが入り、リアクォーターウインドーにはタイトル獲得記念ステッカーも貼られる。
そこに刻まれた年号は2005年だったりするけれど、ブラックアウトされたアルミホイールのおかげもあり、適度に派手で適度に精悍という、このテのクルマを欲するユーザーの心理をうまくつかんだエクステリアとなっている。

インテリアはそれ以上に派手かもしれない。ノーマルのルノースポールではグレーのレザーだったシートが、ブラック&ブルーのファブリックになるからだ。
一方で、旧型「RS」ではオレンジだったシートベルトは、おとなしいシルバーグレーになっている。高回転になるほど数字が大きくなっていくタコメーター、市販車なのに赤いセンターマークが入ったステアリングを含めて、新型「ルーテシアRS」とイメージをそろえたようだ。

サポート性のみならず、座り心地もふつうのメガーヌを上回るゼイタクなフロントシートはいままでどおり。3ドアのRSは日本仕様のメガーヌで唯一左ハンドルとなることも旧型譲りだ。

 
ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】の画像
 
ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】の画像
 
ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る