【スペック】全長×全幅×全高=4235×1775×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(224ps/5500rpm、30.6kgm/3000rpm)/価格=379.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】

ドライバーの思いのまま 2007.01.31 試乗記 ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)
……379.0万円
2006年10月25日に発売されたルノーの高性能スポーツモデル「メガーヌRS」に、2005年F1チャンピオンシップ獲得を記念したモデルが登場。専用チューニングの限定モデルに試乗した。

30台の限定車

2005、2006年と、F1でコンストラクターとドライバーのダブルタイトルを獲得したルノー。その栄光にあやかったモデルが、日本でも限定30台で発売された。マイナーチェンジを受けた「ルノー・メガーヌ・ルノースポール(RS)」3ドアに用意された、“F1チーム・リミテッドエディション”である。

フランスのナショナルカラー、ブルーに塗られたボディには、F1カラーのストライプやルノーF1チームのロゴが入り、リアクォーターウインドーにはタイトル獲得記念ステッカーも貼られる。
そこに刻まれた年号は2005年だったりするけれど、ブラックアウトされたアルミホイールのおかげもあり、適度に派手で適度に精悍という、このテのクルマを欲するユーザーの心理をうまくつかんだエクステリアとなっている。

インテリアはそれ以上に派手かもしれない。ノーマルのルノースポールではグレーのレザーだったシートが、ブラック&ブルーのファブリックになるからだ。
一方で、旧型「RS」ではオレンジだったシートベルトは、おとなしいシルバーグレーになっている。高回転になるほど数字が大きくなっていくタコメーター、市販車なのに赤いセンターマークが入ったステアリングを含めて、新型「ルーテシアRS」とイメージをそろえたようだ。

サポート性のみならず、座り心地もふつうのメガーヌを上回るゼイタクなフロントシートはいままでどおり。3ドアのRSは日本仕様のメガーヌで唯一左ハンドルとなることも旧型譲りだ。

 
ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】の画像
 
ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】の画像
 
ルノー・メガーヌRS F1チーム リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る