「ルノー&日産」、販売4位で時価総額は2位

2007.01.31 自動車ニュース

「ルノー&日産」、販売4位で時価総額は2位

2007年1月30日、日産自動車とルノーは、2006年のグループ販売実績を発表した。両社合わせた販売台数は、591万1171台。GM、トヨタ、フォードに次ぐ、世界第4位の自動車グループである。市場シェアは9%となった。


日産のグローバルな販売台数は347万7799台(前年比−3.3%/生産台数は323万8346台)。
ルノーは243万3372台(同−4%)。
両社とも、めぼしいニューモデルが少なかったのが響いた。

「インフィニティG35」(邦名スカイライン)をリリースしたインフィニティブランドは、13万6272台。

1999年3月27日に締結されたルノーと日産のアライアンス。ルノーは日産の株式を44.3%。日産はルノーの株式を15%保有する。
以来、ルノーの時価総額は175億ユーロ(222億5000万ドル)増加し、日産のそれはなんと4兆8540億円も増加した! ルノーは、ずいぶんいい買い物をしたわけだ。

なお、「ルノー-日産」アライアンスは、時価総額および収益性において、世界の主要自動車メーカー第2位の地位を維持しているという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。