シビックハイブリッド、表彰される

2007.01.31 自動車ニュース
 
シビックが表彰される

シビックハイブリッド、表彰される

2007年1月30日、本田技研工業は、「シビックハイブリッド」が平成18年度「省エネ大賞」の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞したと発表した。

シビックハイブリッドMXBは、リッター31.0kmの超低燃費を実現。経済産業省主催の平成18年度「省エネ大賞(省エネルギー機器・システム表彰)」の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞した。

この賞は、日本における資源・エネルギーの有効利用、および地球温暖化問題への対応として、CO2などの地球温暖化ガスの排出低減に優れたものを表彰するもの。今年で17回目となる。

シビック ハイブリッド(MXB)の環境性能。
・31.0km/リッター(CO2排出量 1km走行あたり75g/km)10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)「平成22年度燃費基準+20%達成車」
・「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」国土交通大臣認定車

なお、ホンダでは以下のような「CO2排出低減自主目標」を定めている。

・4輪車から排出されるCO2の1km走行あたり、全世界平均値を、2000年から2005年までの5年間で、約5%低減した。今後さらに5%以上の低減に努める。2010年には、2000年実績に対し、10%の低減を目指していく。
・2輪車、汎用製品についても、10%の低減を目指す。
・4輪車1台を生産する時に排出されるCO2の全世界平均値についても、2000年から2005年までの5年間で約5%の低減を図った。2010年に向けてさらに5%以上の低減に努め、2000年実績に対して10%の低減を目指していく。
・2輪車、汎用製品の生産では20%の低減を目指す。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る