2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

2007.01.30 自動車ニュース

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

スズキは、2006年の生産台数が全世界で234万2192台(速報台数)となったことを、2007年1月26日に発表した。

国内生産は、120万6805台で前年比10.6%増。海外生産は113万5387台でこれまた9.8%増。国内外の総計は10.2%増。いずれも過去最高の数字である。

国内では「好調な軽自動車の販売事情がスズキ車の生産台数をあと押し!!」と思いきや、軽四輪の実績は61万1362台とマイナス1.1%。それに伴い、軽自動車のシェアはマイナス1.9%の30.2%に落ちた。

一方、「スイフト」「SX4」といった、軽以外のいわゆる登録車は、7年連続の前年超。シェアも0.3ポイント上昇して2.3%になった。

スズキの「軽自動車からの脱却」が着々と進んでいる。

(webCG)

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を世界初公開 2017.7.24 自動車ニュース スズキは2017年7月24日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開すると発表した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る