2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

2007.01.30 自動車ニュース

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

スズキは、2006年の生産台数が全世界で234万2192台(速報台数)となったことを、2007年1月26日に発表した。

国内生産は、120万6805台で前年比10.6%増。海外生産は113万5387台でこれまた9.8%増。国内外の総計は10.2%増。いずれも過去最高の数字である。

国内では「好調な軽自動車の販売事情がスズキ車の生産台数をあと押し!!」と思いきや、軽四輪の実績は61万1362台とマイナス1.1%。それに伴い、軽自動車のシェアはマイナス1.9%の30.2%に落ちた。

一方、「スイフト」「SX4」といった、軽以外のいわゆる登録車は、7年連続の前年超。シェアも0.3ポイント上昇して2.3%になった。

スズキの「軽自動車からの脱却」が着々と進んでいる。

(webCG)

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
ホームへ戻る