2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

2007.01.30 自動車ニュース

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

スズキは、2006年の生産台数が全世界で234万2192台(速報台数)となったことを、2007年1月26日に発表した。

国内生産は、120万6805台で前年比10.6%増。海外生産は113万5387台でこれまた9.8%増。国内外の総計は10.2%増。いずれも過去最高の数字である。

国内では「好調な軽自動車の販売事情がスズキ車の生産台数をあと押し!!」と思いきや、軽四輪の実績は61万1362台とマイナス1.1%。それに伴い、軽自動車のシェアはマイナス1.9%の30.2%に落ちた。

一方、「スイフト」「SX4」といった、軽以外のいわゆる登録車は、7年連続の前年超。シェアも0.3ポイント上昇して2.3%になった。

スズキの「軽自動車からの脱却」が着々と進んでいる。

(webCG)

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
ホームへ戻る