2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

2007.01.30 自動車ニュース

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……

スズキは、2006年の生産台数が全世界で234万2192台(速報台数)となったことを、2007年1月26日に発表した。

国内生産は、120万6805台で前年比10.6%増。海外生産は113万5387台でこれまた9.8%増。国内外の総計は10.2%増。いずれも過去最高の数字である。

国内では「好調な軽自動車の販売事情がスズキ車の生産台数をあと押し!!」と思いきや、軽四輪の実績は61万1362台とマイナス1.1%。それに伴い、軽自動車のシェアはマイナス1.9%の30.2%に落ちた。

一方、「スイフト」「SX4」といった、軽以外のいわゆる登録車は、7年連続の前年超。シェアも0.3ポイント上昇して2.3%になった。

スズキの「軽自動車からの脱却」が着々と進んでいる。

(webCG)

2006年、スズキは過去最高!軽から脱却へ……の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る