2006年、ホンダは過去最高!

2007.01.30 自動車ニュース

2006年、ホンダは過去最高!

本田技研工業は、2006年の生産・販売台数を2007年1月26日に発表した。国内外あわせての生産台数は、前年比106.6%の363万3813台。10年連続の増加で、過去最高の数値となった。

国内生産は133万2866台(105.6%)。海外生産は、100万台ほど多い230万947台。うち北米(含むメキシコ)は、国内生産にほぼ等しい138万5693台である。

海外生産は、北米、アジアでの伸びによって1997年から10年連続で増加。国内も輸出用モデル増加の恩恵で、2004年から3年連続で前年を上まわった。

好調に見えるホンダの生産台数だが、気になる数字は、国内販売2.7%減の70万2242台。新型軽「ゼスト」が頑張って数字を支えたが、従来の売れ筋モデル「オデッセイ」や「エアウェイブ」が失速したのが痛い。

ちなみに、2006年12月単体でのホンダ車ベスト3は、「ライフ」1万256台、「フィット」7670台、「ステップワゴン」7503台となっている。

(webCG)

「ホンダ・ゼスト」
「ホンダ・ゼスト」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る