クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】クルージングパッケージ:全長×全幅×全高=4680×1870×1645mm/ホイールベース=2750mm/車重=1640kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブターボ(238ps/5000rpm、35.7kgm/2500rpm)/価格=340.0万円(テスト車=同じ) 

マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)【試乗速報】

「ロードスター」なSUV 2007.01.30 試乗記 マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)
……340.0万円/332.0万円

2006年12月19日に発売された、マツダの新型SUV「CX-7」。スポーツカーとSUVのクロスオーバーをコンセプトにかかげるニューモデルは、どんな乗り味なのか?

スポーティなデザインは“買い”

世界に数あるSUVのなかでも、いちばんスポーティなカタチじゃないだろうか。マツダCX-7を見てそう思った。スタイリッシュなSUVというと、日本には「日産ムラーノ」という強敵がいるが、あちらがエレガンス重視なのに対し、CX-7ははっきりスポーツマインドをアピールしている。ヨーロッパのプレミアムブランドを相手に出しても、ダイナミズムという点では勝っているように思える。

「RX-8」を思わせるフロントフェンダーまわりや、強く傾いたウインドスクリーン、リアドアのあたりでキックアップしたサイドウインドーが、躍動感を生み出している。それでいてボディカラーにはおとなっぽい色をそろえていて、サイドウインドーを繊細に縁取るクロームのモールと合わせて、上質な雰囲気を手にしている。
このデザインだけでCX-7を買う人がいても不思議ではないほど、カッコいい。

それほど高くないフロアとシートの運転席についてまず感じるのは、ウインドスクリーンの傾きの強さ。といっても圧迫感はなく、タイトな雰囲気だけを届けてくれる。インパネはシンプルかつスタイリッシュで、ステアリングを除けばスイッチも整理されている。「ロードスター」やRX-8にもこのセンスをとりいれてほしいと思うほどだ。


マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)【試乗速報】の画像 拡大
クルージングパッケージには本革シート、シートヒーター、レーダークルーズコントロールなどの専用装備が含まれ、価格はベースモデルより34.0万円アップ。
FF、4WDともに選ぶことができる。
クルージングパッケージには本革シート、シートヒーター、レーダークルーズコントロールなどの専用装備が含まれ、価格はベースモデルより34.0万円アップ。
FF、4WDともに選ぶことができる。
拡大

囲まれ感が強いインテリア

前席は背もたれの高さが不足気味であるものの、それ以外のサイズはたっぷりしている。素材はクルージングパッケージがレザー、ベースモデルがファブリック。どちらもセンターに細いストライプを入れるなど、スポーティさの演出がうまい。
サポートは腰のホールド感がタイトなのに比べ、上体は北米をメインとした車種らしくルーズだが、ファブリックを選べばコーナーでも横滑りすることはなかった。

後席もキックアップしたサイドウインドーのために囲まれ感が強い。前席もそうだが、スポーツカーとのクロスオーバーというCX-7のコンセプトが、このタイト感にしっかり表現されている。シートは平板だがサイズは前席同様ゆとりがあり、こちらは背もたれの高さも不満なし。座面は硬めだが厚みは感じる。身長170cmの自分が前後に座ると、ひざの前には15cmほどの空間が残った。
ふと横を見ると、フロントドアトリムにはあったアルミやブラックウッド風パネルが省略され、一面黒い樹脂であることに気づいた。
デザイナーは「後席を畳んだときのラゲッジスペースとの一体感を出したかった」といっていたが、少なくとも日本のユーザーは、後席は立てた状態で使うのがスタンダードであるはず。となるとこの処理は手抜きととられる可能性がある。

荷室は、フロアの高さはSUVとしては平均的。容量は455リッターと十分なスペースが確保されている。後席の折り畳みは背もたれを前に倒すだけの方式。それを荷室側にあるレバーを引くだけで行えるのは便利だ。

関連キーワード

乗り味に「マツダらしさ」は光るが……

このクラスのSUVはトップグレードに3リッター以上のV6エンジンを用意するのが一般的。ところがCX-7は2.3リッター直列4気筒ターボ一本だ。
「MPV」や「マツダスピード・アクセラ」にも積まれる直噴ターボを専用チューン。238psの最高出力、35.7kgmの最大トルクは、ライバルのムラーノの3.5リッターV6をしのぐ。トランスミッションは6段ATのみだ。

実際に乗ると、たしかにターボが効いたときの加速は強力で、オーバー3リッター級の余裕を感じるけれど、その立ち上がりは2500rpmあたり。だから加速時はいつも3000rpmあたりまで回すことになる。しかしそのあたりから4気筒であることを意識させるサウンドが耳につきはじめ、回転を上げるにしたがいそのボリュームが大きくなっていく。
硬めの乗り心地はスポーティさの証として理解できるものの、つねに小刻みに上下に揺らされ、車重1.6〜1.7t級らしい落ち着き感、フラット感がない。ボディの剛性感は申し分ないのに、路面からの大きな入力はストレートに伝えてしまう。
いずれも洗練されたデザインとは対照的な感じがしたし、300万円を越える価格に見合う走り味とはいいがたい。

そんなCX-7が精彩を取り戻したのはワインディングロード。
ステアリングの切れ味はクイックといえるほどで、コーナーに入ってからもボディの大きさや背の高さ、重さを感じない素直な身のこなしに終始する。4気筒へのこだわりが、ノーズの軽さという好結果を生んでいるのだ。FFでもトラクション能力はすぐれており、ターボパワーを持てあますことはない。限界での滑り出しもマイルドなので、積極的にペースを上げていける。

CX-7の走りは、ロードスターのようだった。その意味ではマツダらしい。
でもこのクルマは300万円以上する。しかもスタイリッシュだ。だからこそ、エンジン音や乗り心地にも気を配ってほしかった。同じスポーツカーでも、RX-8のようななめらかでしっとりした走りに仕立ててくれればよかったのだが。

(文=森口将之/写真=高橋信宏/2007月1月)


マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)【試乗速報】の画像 拡大

マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)【試乗速報】の画像 拡大
【スペック】CX-7:全長×全幅×全高=4680×1870×1645mm/ホイールベース=2750mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブターボ(238ps/5000rpm、35.7kgm/2500rpm)/価格=332万円(テスト車=同じ)
【スペック】CX-7:全長×全幅×全高=4680×1870×1645mm/ホイールベース=2750mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブターボ(238ps/5000rpm、35.7kgm/2500rpm)/価格=332万円(テスト車=同じ) 拡大
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com