【スペック】全長×全幅×全高=4220×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(136ps/6000rpm、17.8kgm/4400rpm)/価格=191万6250円(テスト車=247万9050円)

トヨタ・オーリス180G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・オーリス180G(FF/CVT) 2007.01.26 試乗記 ……247万9050円
総合評価……★★★

「カローラ・ランクス/アレックス」の後継モデルとなる5ドアハッチバックモデル「オーリス」に試乗。先代同様、世界戦略車となる新型の走りとは。ライバル車に引けを取らないオーリスらしさはあるのか。

トヨタ・オーリス(2WD/CVT)【ブリーフテスト】

ライバル車のレベルは高い

ヨーロッパのCセグメントで本格的な戦いに挑むべく、「カローラ」との関係性を断ち切って新たに生み出された「オーリス」。スタイリングは存在感があるし、室内空間の広さなどパッケージングもクラスのベンチマークである「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に負けていない。走りの第一印象も悪くなく、結構期待したのだが、ある程度の時間を共に過ごして冷静に評価すると、残念ながらまだゴルフのレベルではないと言わざるを得ない。

引っ掛かるのは、まずはインテリア。デザインはともかく上質感や使い勝手はこれまでの日本車レベル……というかカローラのほうが上という印象である。今時このクラスで全面カチカチのハードパッドのインストゥルメントパネルなんて、“庶民のゲタ”である「フォード」や「オペル」でも使っていない。

そして、やはり走りだ。日常域ではすべてに軽快で印象は悪くないどころか積極的に良いのだが、限界に近づくにつれて覚束なさを伝えてくるフットワークや、実用的ではあるがそれ以上ではないエンジンのフィーリングは、条件が厳しくなるほど頼りがいを感じさせるゴルフとは、やはり較べ物にならないという結論に達してしまう。

冷酷に評価すれば、ライバルは「ルノー・メガーヌ」や「マツダ・アクセラ」といったあたりになるだろう。そう考えれば光るところも数多くあり、実際に乗っていても結構悪くないなと思ったのは事実である。要するにゴルフがなければ、もっと良い評価になるだろうという話なのだが、残念ながらゴルフは確固として存在しているのだ。それを抜きにこのクラスを評価するわけにはいかない。
それにしても、あちらは既にモデルライフも後半なのだが…。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る