スズキ最大の8人乗りミニバン「ランディ」発売

2007.01.25 自動車ニュース

スズキ最大の8人乗りミニバン「ランディ」発売

スズキはミニバン「ランディ」を2007年1月22日に発売した。

日産自動車に「モコ」(スズキの「MRワゴン」)「ピノ」(同じく「アルト」)をOEM供給するスズキだが、今回は逆に「日産セレナ」の供給を受け、「ランディ」として発売する。

フロントマスクの違いでセレナとの差はあるが、基本的な装備はほぼ同一。機関面もセレナ同様、2リッター直4の日産製MR20DEエンジンとCVTの組み合わせとなる。
グレードは、ベーシックな「S」と、バックドアクローザーやフロントフォグランプなどを装備した上級の「G」の2種。それぞれにFFと4WDが設定される。
価格は220万1850円から265万7550円まで。

スズキには以前、「エブリィランディ」という1.3リッターミニバン(軽自動車をベースにサイズ拡大)があり、このペットネームを受け継いだ。エブリィランディは小さいながらも7人乗りだったが、今回はそれを越える8人の乗車が可能なサイズとなっている。

(webCG 本諏訪)

 
スズキ最大の8人乗りミニバン「ランディ」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ 2016.12.13 自動車ニュース スズキは2016年12月13日、3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、同年12月20日に発売すると発表した。ランディは「日産セレナ」の姉妹モデルにあたり、日産からOEM供給を受けて販売されるモデルである。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る