アウディジャパン社長が2007年の抱負を語る

2007.01.25 自動車ニュース
ニューモデル導入について語る、ヴァルター・ハーネック社長。
アウディ社長が2007年の抱負を語る

アウディジャパン社長が2007年の抱負を語る

アウディジャパンは2007年1月24日、報道関係者向けに「アウディニューイヤープレスミーティング」を開き、2006年の業績と2007年の目標を発表した。

アウディフォーラム東京オープニングレセプションで展示された「R8」。
アウディ社長が2007年の抱負を語る

■「R8」は秋以降に登場

全世界的には13年連続の販売台数増加を続けるアウディだが、2006年の日本市場では微減という結果。日本での新型車(A6オールロードクワトロ、Q7、TTなど)リリースが年の後半となり、新車効果があまり得られなかったことが原因と分析しているそうだ。一方で、その効果が今年前半も持続するであろうことを見越し、1990年に記録した過去最高販売台数(1万6691台)を塗り替えると強気な姿勢を見せた。

さらに、気になる2007年導入の新型車は3台と発表された。
まず春には昨年10月に発売されたSUV「Q7」に、3.6リッター直噴モデルが追加される。そして「TTロードスター」が夏に、待望の「R8」は秋以降に導入される予定だという。

本年も、引き続き顧客満足度向上のためのブランドエクスペリエンスなどを強化するというコメントも聞かれた。好評のドライビングエクスペリエンスはもちろん、この日の会場にもなった、東京渋谷区に昨年オープンしたばかりの「アウディフォーラム東京」を積極的に使い、ライフスタイルイベントを増やしていく考えであるとのこと。

乗用車市場、そしてその中の輸入車市場も縮小ぎみの日本で、「R8」を起爆剤に記録更新はなるか?

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.6 試乗記 新世代「アウディTT」の中で、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗。直噴ターボエンジンや新開発の軽量ボディー、そしてアウディ自慢の先進装備がもたらす走りの質を報告する。
ホームへ戻る