第300回:東京オートサロン2007「ちょっとヤバいんじゃないの?」

2007.01.24 エッセイ

第300回:東京オートサロン2007「ちょっとヤバいんじゃないの?」

個人的には一番インパクトがあったBMW DUB EDITION。
個人的には一番インパクトがあったBMW DUB EDITION。
今年一番多かったレクサスLS。コレがしばらくのメシのタネって感じですな。
今年一番多かったレクサスLS。コレがしばらくのメシのタネって感じですな。
22インチホール、もはや当たり前!
22インチホール、もはや当たり前!

“暴力性or意外性”がなくなった!

今年もついつい行ってしまいました新春恒例、東京オートサロン! 言わずと知れた「チューニングカーの祭典」なんだけど、正直、個人的にはちょっとヤバいなぁと思っちゃいましたね。といっても“イベント”としてじゃなく、“インパクト”としてね。

イベントとしては3日間の入場者数24万9197人と上々な結果。昨年に比べ、厳密には約100人減ってるけど全然問題なしで、もはやクルマ関係としてはメジャー級のイベントと言っていい。
俺が行ったプレスデイでも一般客が入れる午後1時には第一駐車場がいっぱいになるっつう満員札止め状態。

でもねぇ、ハッキリ言ってクルマ的には寂しいものがありましたな。もちろん新しいエアロパーツやホイールは出てるし、メーカー系も新車はバシバシ投入してるわけだけど、要するに驚きがない。特に俺が一番気になってた“進化するクルマの暴力性or意外性”みたいのはほぼ見られなかったわけです。

主に90年代初頭から見ている俺としては、全体的に大人しくなる傾向とはいえ、今までは毎年何らかの発見があった。

例えば90年代前半はまだまだ全体に暴力的パワーが満ちていて「RE雨宮」だの「トラスト」だの「HKS」だの名門チューナーが健在で、やれタービンがどうの、コンピューターがどうので出力700馬力や1000馬力は当たり前。そこにさらに「ヴェイルサイド」っつう、パワー&エロみたいな新進気鋭のチューナーも出てきて追いつけ追い越せ状態。今考えてみると当時がピークだったのかもしれない。

第300回:東京オートサロン2007「ちょっとヤバいんじゃないの?」の画像
第300回:東京オートサロン2007「ちょっとヤバいんじゃないの?」の画像
今年一番光ってたのはコレか!? キムタク“一分”カローラ!
今年一番光ってたのはコレか!? キムタク“一分”カローラ!

エアロから大手メーカーの参入へ

で、その暴力的パワーは年を越えるごとに影を潜めて、開発比重がだんだんエアロパーツに移っていき、90年代後半に入るとそのエアロですら過激なものがなくなってきた。

ところがどっこい、当時は当時で裏にはメーカー系チューナーの台頭っていう大きな流れがあって、実はトヨタやホンダ、日産などの大手メーカーがこぞって参入してたわけだ。

それは国内新車市場の伸び悩みにともなう“枝葉ビジネス”の取り込みの構図でもあって、そこには確かにビジネスライクさも見られたけど、一方「メーカーでここまでするか!」みたいなパワーがあった。

なんせ日産スカイラインGT-RはR33、R34ともにここオートサロンで発表したわけだし、さらにガルウィングドアの大衆化だの、チューニングカーのヒストリックカー化(!?)だの意外なムーヴメントもあって、それはそれで「ゴキブリの生命力」じゃないけど「チューニングカーの生命力」みたいのが感じられたのだ。

要は好きモノはどこにでもいるのねぇ…みたいな感じよ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』