目標の5倍! 新型「マツダCX-7」はセールス好調

2007.01.23 自動車ニュース

目標の5倍! 新型「マツダCX-7」はセールス好調

マツダは、2006年12月19日発売の新型SUV「CX-7」が、1ヶ月で約1800台の受注を集めたと発表した。

これは、同社が当初目標としていた月間販売台数(380台)の約5倍にあたる数字。
受注の内訳をみると、ベーシックモデル「CX-7」と各種オプションつきの上級モデル「CX-7クルージング・パッケージ」の比率は、ほぼ6対4となっている。マツダによれば、購入層は30代〜50代の男性が中心で、多くがメーカーのアピールポイントでもある「内外装のデザイン」を購入理由に挙げているという。

また、期間限定(2006年12月1日〜2007年1月31日)で東京は銀座にオープンしている「CX-7」の特設ショールームについても、来場者数は予想の2倍を超えているとのこと。

スポーツカーとSUVのクロスオーバーという、新たなコンセプトをかかげて登場した「CX-7」。先行発売した北米市場同様、日本国内においても歓迎されているようである。

(webCG 関)

「CX-7クルージング・パッケージ」
「CX-7クルージング・パッケージ」

関連キーワード:
CX-7マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.3.1 試乗記 マツダのSUVファミリーに、3列シートを持つ最上級モデル「CX-8」が登場。ミニバンでは得られない、このクルマならではの持ち味とは何か。トップグレードの4WD車に試乗して確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
ホームへ戻る