目標の5倍! 新型「マツダCX-7」はセールス好調

2007.01.23 自動車ニュース

目標の5倍! 新型「マツダCX-7」はセールス好調

マツダは、2006年12月19日発売の新型SUV「CX-7」が、1ヶ月で約1800台の受注を集めたと発表した。

これは、同社が当初目標としていた月間販売台数(380台)の約5倍にあたる数字。
受注の内訳をみると、ベーシックモデル「CX-7」と各種オプションつきの上級モデル「CX-7クルージング・パッケージ」の比率は、ほぼ6対4となっている。マツダによれば、購入層は30代〜50代の男性が中心で、多くがメーカーのアピールポイントでもある「内外装のデザイン」を購入理由に挙げているという。

また、期間限定(2006年12月1日〜2007年1月31日)で東京は銀座にオープンしている「CX-7」の特設ショールームについても、来場者数は予想の2倍を超えているとのこと。

スポーツカーとSUVのクロスオーバーという、新たなコンセプトをかかげて登場した「CX-7」。先行発売した北米市場同様、日本国内においても歓迎されているようである。

(webCG 関)

「CX-7クルージング・パッケージ」
「CX-7クルージング・パッケージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダ、3列シートの新型CX-9を世界初公開【LAショー2015】 2015.11.19 自動車ニュース マツダがロサンゼルスオートショーにおいて3列シート車の新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmのミドルサイズクロスオーバーモデルであり、エンジンには新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が採用される。発売は2016年春より、北米を皮切りに開始される予定。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る