目標の5倍! 新型「マツダCX-7」はセールス好調

2007.01.23 自動車ニュース

目標の5倍! 新型「マツダCX-7」はセールス好調

マツダは、2006年12月19日発売の新型SUV「CX-7」が、1ヶ月で約1800台の受注を集めたと発表した。

これは、同社が当初目標としていた月間販売台数(380台)の約5倍にあたる数字。
受注の内訳をみると、ベーシックモデル「CX-7」と各種オプションつきの上級モデル「CX-7クルージング・パッケージ」の比率は、ほぼ6対4となっている。マツダによれば、購入層は30代〜50代の男性が中心で、多くがメーカーのアピールポイントでもある「内外装のデザイン」を購入理由に挙げているという。

また、期間限定(2006年12月1日〜2007年1月31日)で東京は銀座にオープンしている「CX-7」の特設ショールームについても、来場者数は予想の2倍を超えているとのこと。

スポーツカーとSUVのクロスオーバーという、新たなコンセプトをかかげて登場した「CX-7」。先行発売した北米市場同様、日本国内においても歓迎されているようである。

(webCG 関)

「CX-7クルージング・パッケージ」
「CX-7クルージング・パッケージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る