「スバル・フォレスター」に、誕生10周年を祝う特別仕様車

2007.01.23 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」に、誕生10周年を祝う特別仕様車

富士重工業は、「フォレスター」に特別仕様車「10th ANNIVERSARY(テンスアニバーサリー)」を設定。2007年1月22日に発売した。

1997年2月に誕生してから、まもなく10年を迎える「スバル・フォレスター」。これを記念して、2リッターNAモデル「2.0T」をベースにした特別仕様車が発売された。
主な追加装備は、17インチアルミホイール、フルアジャスタブル電動シート、HIDヘッドランプ(ロービーム)、MOMO製本革ステアリング、アルミ製ルーフレール、専用エンブレムなど。
4ATのみの設定で、価格はベースモデルから7万2500円アップの209万9000円となっている。

同時に、レギュラーの「フォレスター」シリーズのグレード構成が見直され、装備の変更なども施された。
各モデルに新色を追加し、全車のステアリングホイールを「STIバージョン」と同デザインに変更。フロントドアポケットにはドリンクホルダーを新設するなど使い勝手への配慮も見受けられる。

新設定の2リッターターボ「クロススポーツ2.0T スポーツ」には、アルカンターラとファブリックのコンビシート、ブラック塗装を施したセンターパネルなどが与えられ、スポーティさと質感の向上が図られた。

特別仕様車を含め、「フォレスター」の価格は197万4000円(2.0X)から315.0万円(STIバージョン)まで。全7種類でのラインナップとなる。

(webCG 関)

「スバル・フォレスター 10th ANNIVERSARY」
「スバル・フォレスター 10th ANNIVERSARY」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る