【スペック】 全長×全幅×全高=4225×1760×1500mm/ホイールベース=2575mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブインタークーラー付きターボ+スーパーチャージャー(170ps/6000rpm、24.5kgm/1500-4750rpm)/価格=305万円(テスト車=330万2000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/2ペダル6MT) 2007.01.22 試乗記 ……330万2000円
総合評価……★★★★


フォルクスワーゲン「ゴルフ」に世界初を謳う“直噴ツインチャージャーエンジン”を搭載するモデル「GT TSI」が登場した。ターボとスーパーチャージャーを併せ持つ「TSI」エンジンは、どのような走りをみせるのか。新型モデルに試乗した。
フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

1.4リッターエンジン搭載のホットモデル(?)

実に面白いクルマが日本導入となった。その名は「ゴルフGT TSI」。本国では2006年に導入されており、日本ではGTの後継となるモデルだ。
さらりとその内容を説明すれば、現行ゴルフVのボディに170PSのTSIエンジンを搭載したモデルなのだが、このTSIというのが「ターボチャージャー」と「スーパーチャージャー」を組み合わせた方式なのである。そこだけ聞くと「ゴルフGTI」をも上回るホットモデルなの!? と思うかも知れないが、これに搭載されるのはなんと1.4リッターの小排気量直噴エンジンなのであった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る