【スペック】 全長×全幅×全高=3900×1714×1120mm/ホイールベース=2330mm/車重=995kg/駆動方式=MR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5400rpm、27.7mkg/5000rpm)

ロータス・ヨーロッパS(MR/6MT)【海外試乗記(後編)】

調和の産物(後編) 2007.01.20 試乗記 ロータス・ヨーロッパ S(MR/6MT)
ロータスの新しい2シーターGTカー「ヨーロッパS」。室内の豪華装備に加え、エンジンがパワーアップした新型に試乗して、気になるところはあるものの、その乗り心地は意外に……。

不気味なほど快適な乗り心地

(前編より)ドイツとフランスとベルギーにあたりを囲まれた人口45万の小国ルクセンブルグは筆者にとって初めて訪問する国だが、当然交通事情は周辺のヨーロッパ各国と変わりない右側通行。そこにロータスは全部で10台のテストカーを持ち込んでいた。その中から好きな1台を選べといわれ、右側通行でRhdというのは日本でLhdを乗るより違和感を覚えることは知っていたのだが、カラーリングを優先してあえてRhd車のシートに乗り込むことにした。

体が「エリーゼ」や「エキシージ」、あるいは「RD200」といったもっと狭いクルマに慣れたせいもあるのだろうが、ヨーロッパSの乗降性は確かに悪くない。サイドシルが広いのでスカートを履いた女性はちょっと気遣う必要があるだろうが、首を無理に屈める必要がないため年配のドライバーでも億劫に感じずに済みそうだ。

インテリアの眺めはちょっと豪華なエリーゼといったところ。トーボード以外はレザートリムとカーペットで覆ったというロータスの説明に嘘はないが、中心線に向けて軽くオフセットしたシートの配置、座面そのものは薄いが体をぴたりとホールドしてくれるプロバックス社のシートなど、雰囲気はまったくエリーゼと変わらない。

嬉しいのはエキシージSと異なり、インナーミラーを通じてまともな後方視界が得られること。実用性という点でヨーロッパSはこれまでのロータスのスポーツカーとは明らかに違う。唯一最大の難点はノンパワーのステアリングがごく低速でかなりの操舵力を必要とすること。
ロックからロックまで2.8回転するこのラック・ピニオン式ステアリングは、絶対的な重量が軽いことに加えてフロントタイアが175/55R17と細く、またキャスター角をエリーゼより立てるなどジオメトリー面での改良もあって、一般的な男性なら両腕で据え切りできる重さになっているが、「アウディTT」や「ポルシェ・ケイマン」など、ロータスが仮想ライバルとして挙げた実用スポーツカーと比べると、扱いやすさの点で不利なことは否めない。

もっともその一点を除けば、ヨーロッパSの実用性はかなり高い。何より嬉しいのが乗り心地の良さだった。

サスペンションアームはエリーゼとまったく同じという説明だったが、走り出した瞬間に違いがわかるほど低速域の乗り心地はソフトで、特にハーシュネスとバイブレーションの遮断性が大幅に改善されていることがわかる。
その印象は荒れた路面や高速道路に足を伸ばしてもまったく変わりない。絶対的なストロークは特別長いわけでもないのに、GTカーとして成立するだけのソフトな当たりと重厚さを実現したのは、エリーゼより100kg重いことももちろん大きなファクターだが、それ以上にコンプライアンス(ブッシュによる衝撃吸収性)の増加によるメリットと言えるはずだ。

一見しただけでは現行エリーゼとまったく変わりないように思えるインテリアだが、よく見ると本革トリムの質感やシフトノブの形状が微妙に異なることがわかる。
一見しただけでは現行エリーゼとまったく変わりないように思えるインテリアだが、よく見ると本革トリムの質感やシフトノブの形状が微妙に異なることがわかる。

ロータス・ヨーロッパS(MR/6MT)【海外試乗記(後編)】の画像

ロータス・ヨーロッパS(MR/6MT)【海外試乗記(後編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る