【スペック】 全長×全幅×全高=3900×1714×1120mm/ホイールベース=2330mm/車重=995kg/駆動方式=MR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5400rpm、27.7mkg/5000rpm)

ロータス・ヨーロッパS(MR/6MT)【海外試乗記(前編)】

調和の産物(前編) 2007.01.19 試乗記 ロータス・ヨーロッパ S(MR/6MT)

2006年6月21日発表された、ロータスの2シーターGTカー「ロータス・ヨーロッパS」。エリーゼベースの高性能モデルは、どのように進化したのか。ルクセンブルグからの報告。

ロータスの歴史を象徴するモデル

「“ヨーロッパ”はロータスの歴史を象徴する名前だからです。確かにEUROPAという名称が各国ですでに登録されており、新たな名前を考案し登録する手間がいらないという理由もなくはありませんが」
ルクセンブルグで行なわれた試乗会の、その日のたったひとりの訪問者の不躾な質問に対して、ロータス・カーズ海外事業部のグレン・モイヤー部長はちょっと声を潜めながら答えた。

ご存知かもしれないがEUROPAというスペルはドイツ語の“オイローパ”と同じであり、英国人の発音に耳を澄ますと、最初の母音の発音が英語のEUROPE(あえて日本語にするならユーロプだろう)よりむしろ日本語の“ヨーロッパ”に近い。オイローパとはもともとギリシャ神話に登場する王女で、アフロディーテが嫉妬し、最高神ゼウスがひと目惚れしたというほどの美貌の持ち主のこと。

1966年から75年にかけて9887台が生産された初代ヨーロッパは、ロータスにとって最初の“実用的”ミドエンジン・ロードカーであり、エランのX型鋼板バックボーンフレームを前後逆に使用することによって、安価で空力特性に優れたグランド・ツーリングカーをヨーロッパ大陸に提供することにあった。その目的に合わせた高いギアリングもあって、ルノーの1.5リッターOHVエンジンでは加速性能に関する不満が集中し、ツインカムやスペシャルといった高性能バージョンの追加を促すことにもなった。
日本で広く知られている高性能なロータス・ヨーロッパのイメージは、こうした後期モデルの影響といえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る