第299回:勝手に新春ビッグ対談その2 山内一典編
『GRAN TURISMO』は将来こうなる!?

2007.01.18 エッセイ

第299回:勝手に新春ビッグ対談その2 山内一典編『GRAN TURISMO』は将来こうなる!?

世界的に大ヒットしたゲーム『グランツーリスモ』の生みの親、山内一典。現ポリフォニー・デジタルのプレジデント。

最新版グランツーリスモはタダ!

ってなわけで前回に続き突如勝手にやってる新春ビッグ対談その2は山内一典クン。そう、例の世界4600万枚の超オバケゲームソフト、ソニーPS用『GRAN TURISMO』(以下GT)の若きカリスマプロデューサーだ。

実は昨年末、話題騒然の新世代ゲーム機、プレイステーション3(PS3)登場にあわせて、お試し用ソフト『グランツーリスモHDコンセプト』がクリスマスと同時に提供されていたのだ。それも無料ダウンロードという今までにない手法で。つまり、タダっすよタダ!

しかもこれがやってみるととんでもないクオリティ。某サイトにゃ「1000円ぐらい取ってもおかしくない」って書かれてたほどで、個人的にも前作GT4に比べてリアル度倍。マジ、運転しやすくなってます。っていうか、お試し版だけあってコース短く、一種類しかない上、選べる車種も少ないんだけど、その方が忙しい俺にとっては逆に好都合って話で……。

『GT5』=コミュニケーションに

小沢: えー、率直に言ってこんなに出来よくてタダでいいんですかって感じなんですけど、本当に大丈夫? PS3自体も儲かってないんでしょう……。
山内: ええ、いいんです。僕らの目的はもはやそこにはありませんから。今後、おそらく08年ぐらいに出る5作目のGT5は、今までの線形上にある進化じゃない。まったく別のゲームになるんです。
小沢: つまり、単純にHDコンセプトのクオリティのままコースが増えて、車種が増えるだけじゃないと?
山内: もちろんそれもありますけどね。というかドライビング・シミュレーターとしての基本性能はHDコンセプトよりさらに上がって、それ以外にもクルマを楽しむための要素が画期的に増えます。つまり概念が変わる。

小沢: 具体的には?
山内: 簡単にいうとコミュニケーションですね。PS2がPS3になってなにが変わったって、CPUがセルになって性能が飛躍的に上がって、ハードディスクが付いただけじゃなく、オンライン接続が可能になったことなんです。
つまりハードをネットワークにつなげることができる。要するに僕らとユーザー、僕らとメーカーの間に新しい関係を築くことができるわけで、ゲームをコアにしてまさに「カーライフシミュレーション」が体験できるわけです。
小沢: というと例えばネットでクルマを買ったり、パーツが付けられたりとか?
山内: それもそうですけど、それ以上にクルマ好き同士でクルマについて語ったり、情報を集めたり、競争したりすることが出来る。いま詳しくは言えませんが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』