「三菱 i」に、ブラック内装でキメた特別仕様車

2007.01.18 自動車ニュース

「三菱 i」に、ブラック内装でキメた特別仕様車

三菱自動車は、誕生から1周年を迎える軽自動車「i(アイ)」に、特別仕様車「1st Anniversary Edition(ファーストアニバーサリーエディション)」を設定、2007年1月16日に発売した。

「ファーストアニバーサリーエディション」専用のブラックインテリア

「i(アイ)」1才の誕生日を祝う特別仕様車は、専用「ブラックインテリア」が一番の特徴。スタンダードモデルでグレー基調のインパネ、ステアリングホイール、シフトノブ、トリム類をすべて黒一色に統一し、同じくブラックのドット柄シートを組み合わせた。
加えて内装では、エコロジーな植物由来樹脂素材のフロアマットを用いたことも新しい。

外装は、ドアミラーに親水機能、フロントのドアガラスにUV&ヒートプロテクト機能を付与。ボディサイドのターンランプをクリアなものに替えるなどし、特別感を演出したという。

価格はベースモデルに比べて、NAが4万4100円、ターボは5万4600円のアップとなる119万9100円から156万6600円まで。
MRと4WD、それぞれのモデルが用意される。

(webCG 関)

関連キーワード:
アイ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 「三菱eK」シリーズに特別仕様車「プラスエディション」登場 2017.10.6 自動車ニュース
  • 三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良 2017.1.26 自動車ニュース