日産:「380RS」と「GT-R」で、2007年も熱い!【東京オートサロン07】

2007.01.16 自動車ニュース
【東京オートサロン2007】日産:「380RS」と「GT-R」で、2007年も熱い!

【東京オートサロン07】日産:「380RS」と「GT-R」で、2007年も熱い!

チューンドカーと走り屋の神様、日産。ここ数年は「モダンリビングインテリア」などとお洒落男子方向に自分をシフトさせようとしていたが、オートサロンといえばやっぱり日産でしょう! 全国の不良オジサンとその子供たちの期待を一手に引き受け、今年も日産はやってくれたのである。

「フェアレディZ」07モデルのエンジンはVQ35HRユニットに換装され、313psを発生する。(写真は「Version NISMO」)
「フェアレディZ」07モデルのエンジンはVQ35HRユニットに換装され、313psを発生する。(写真は「Version NISMO」)
プレスデイには「フェアレディZ」開発責任者の湯川伸次郎氏と、評価ドライバー加藤博義氏のトークショーが行われた。
プレスデイには「フェアレディZ」開発責任者の湯川伸次郎氏と、評価ドライバー加藤博義氏のトークショーが行われた。

■「Z」祭り

待望の「日産GT-Rコンセプト」の展示こそなかったが、ブースは「フェアレディZ」祭り。まずは「スカイライン」のVQ35HRエンジンを搭載し、とうとう313psの大台へ乗った07年型(Zはポルシェのようなイヤーモデル制を敷いている)でジャブを放つ。エンジンがかさ上げされたためにボンネットが膨らんでいるのを、「往年のS30オマージュ」とするのは少し苦しいが、どうせ膨らませるならば昔のシェイプで、という気概にはひとまず納得。

そしてその横には「Version NISMO」(バージョンニスモ)を展示。
これはエンジンこそノーマルと同じVQ35HRながら、NISMOが実際に風洞実験を繰り返して開発した「効くエアロ」を装着。ボディ面では溶接面積を増やしたり、YAMAHA製の「パフォーマンスダンパー」(ボディへの入力を効果的に減衰させるボディ用ダンパー)などを追加したもの。
ちなみにバージョンNISMOは、開発がNISMOで生産はオーテックが行うそうだ。持ち込み登録が必要な「改造自動車」であるが、通常の日産車と同じくディーラーで購入できてアフターサービスも受けられるカスタムカーである。

「フェアレディZ Version NISMO Type 380RS-Competition」
「フェアレディZ Version NISMO Type 380RS-Competition」
発売されたばかりの新型「スカイライン」もエアロパーツをまとって登場。
発売されたばかりの新型「スカイライン」もエアロパーツをまとって登場。

■本物のレーシングマシンが買える!

そしてその斜め右前には……なんと車両価格2625万円(!)の「Version NISMO Type 380RS-Competition」。「CONCEPT」じゃなくて「Competition」、わかるだろうか。つまりこれはスーパー耐久のSTクラス1といったプロダクションレース用のマシンなのである。購入者が「ニュルブルクリンク24Hレースに出たい!」と言えば、NISMOがレースレギュレーションにあわせたバージョンアップを行ってくれるそうだ。

ルックスはバージョンNISMOのリアバンパーをそのまま採用しており、エンジンフードには冷却用のエアスクープを追加。フロントバンパーは似た形状ながらも、さらに空力を煮詰めたシャープなノーズとなっていた。

エンジンはその名の通り3.8リッターで、最高出力は400ps以上。最大トルクは43.0kgm以上を発揮するという。制御はモーテックで行うという“本物”のレーシングマシンである。

日本未導入の「マイクラC+C」も展示された。
【東京オートサロン2007】日産:「380RS」と「GT-R」で、2007年も熱い!

■380RSは夏に発売

しかし、前回のオートサロンで出展した「Z-Tune GT-R」(といい、その価格帯に「現実味がない!」という声があがるのも当然予想できる。これについては、「380RS」という名のディチューン版(といっても6連スロットルをノーマルスロットルに変更し、ロードユースを可能としたもの。ちなみに外装はほぼ同じかたちで登場予定!)が、今年の夏頃発売予定ということだからご期待あれ。

380RSの価格は当然発表されていないが、次期GT-R(700万円クラスと予想される)に対して安価であるというのは想像に難くない。ピュアスポーツ不在の世の中にあって、FRでしかもNA、レーシングテクノロジー満載の一台が出るというのは、やっぱり嬉しいことだ。

ブース自体も高いクオリティを持っていた日産。2007年も熱い。

(文=山田弘樹/写真=webCG/2007年1月)

関連記事
  • 日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実 2016.8.9 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更。「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を、「バージョンST」「NISMO」には上記に加え「BOSEサウンドシステム」「アクティブ・サウンド・コントロール」などを標準装備とした。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る