クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ブレイドG:全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=256万2000円(テスト車=292万3200円/HDDナビゲーションシステム+バックガイドモニター+ETC=30万5550円/インテリジェントパーキングアシスト=2万4150円/ボディカラー3万1500円)

トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】

団塊世代は疲れていない 2007.01.16 試乗記 トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)
……261万300円/292万3200円
2006年12月21日、トヨタ・オーリスの姉妹車となる新しいハッチバックモデル「ブレイド」が登場した。2.4リッターエンジンに豊富な装備で“上級ハッチ”を謳うニューモデルの狙うところは?

内装の素材が違う

カローラから派生したハッチバック「オーリス」をベースに、さらなるプレミアム性を打ち出したのが「ブレイド」である。しかしこのモデル、存在が実に謎めいている。というのも、オーリスが「フォルクスワーゲン」や「アウディ」、そして「アルファ・ロメオ」や「プジョー」たちと現地で闘う欧州戦略車であるのに対して、このブレイドは純国内専用モデル。では「国内に導入された輸入車たちにぶつけるのか?」と問えば、エンジニアたちは「ノー」と答えたからなのだ。

「大人しくない大人に、ショートプレミアム」というキャッチコピーを掲げるブレイド。その言葉通り、内装の質感は非常に高い。シートにはアルカンターラ(人工スエード)が用いられ、フェイシアやメーターナセルにもスエード調の表皮が張り込まれるという見たこともない豪奢な仕上げ。ましてやブレイドはハッチバックである。

シートは“ぴん”と背筋を伸ばして座るタイプ。全体的に腰のある座り心地で、「Gグレード」標準の8ウェイパワーシートを使えば、思い通りのポジションを作り出すことができる。

さらにインパクトがあるのはセンタートンネルの造形だ。シフトゲートをもう少し短縮させれば左右のウォークスルーさえ可能なのでは? と思われる空間を、あえてつなげてしまっている。評価は賛否両論だろうが、ボクの眼には近未来の乗り物のようでカッコ良く映った。

ちなみにリアの居住性も、座面長が短いことを除けばしごく良好。前後席間距離が905mmと謳っているとおり、たしかに足下はゆったりとしていた。

「ブレイドG」の内装

「ブレイドG」の内装 拡大

トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大

トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大

2.4リッターエンジン+「Super CVT-i」

搭載されるエンジンは2.4リッターの直列4気筒DOHC。最高出力は167PS/6000rpmで最大トルクは22.8kgm/4000rpm。いまどきハッチバックで高級を気取るにはV6か直4ターボが常套手段だが、ここにきてトヨタは2.4リッターという価値観を投入してきた。そしてこれが実にクルマの動きにマッチしていた。つまり、4気筒の軽さと、2.4リッターの高出力が絶妙のバランスなのである。

ただしこの2AZ-FEエンジン、前時代トヨタ的高回転型で、その吹け上がりはやや子供っぽい。逆に4AG(カローラ・レビンなど)や3S(「セリカ」や「アルテッツァ」など)に懐かしさを覚えるヒトなら、これを「元気なエンジン」と評するに違いない。

それに組み合わされるトランスミッションは「Super CVT-i」。スポーツモードでは7段にギアが切ってあり、その数の多さにまんまと驚いたが、通常路で数字が「7」に入ることはなかった。スポーツモードの反応は素早い部類だが、実際はシフト操作そっちのけで走らせるほうが、ブレイドは楽しめる。
つまり、トルキーなエンジンとシームレスなCVTの連動で、クルマの運転自体に集中できるのだ。そうするとこのブレイド、驚くほどのハイパフォーマンスを発揮する。
熟成されたストラットサスでのターンインはシャープすぎず「ガッチリ」としており、上質で力強いフロントのインフォメーションがある。その際リアはきちんとストロークを確保しており、箱根ターンパイクのような高速路でも危なげない。これはサブフレームから新設計されたリア・ダブルウィッシュボーンサスペンションのおかげだ。


トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
【スペック】 ブレイド:全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=224万7000円(テスト車=261万300円/HDDナビゲーションシステム+バックガイドモニター+ETC=30万5550円/ディスチャージヘッドランプ=5万7750円)
【スペック】
ブレイド:全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=224万7000円(テスト車=261万300円/HDDナビゲーションシステム+バックガイドモニター+ETC=30万5550円/ディスチャージヘッドランプ=5万7750円) 拡大
「ブレイド」の内装

ズバリ狙い所は?

試乗を終えて、ボクの頭は混乱した。このブレイド、狙い所はズバリどこにあるのか? 開発陣から返ってきた言葉は「セダンを降りた熟年層」。つまり団塊世代であった。

「ゴルフGTI」を指名買いするような層はハナから狙わず、子育てを終えて「クラウン」や「セルシオ」が大きすぎると感じた夫婦が、楽しく小旅行を満喫できる快適な小型車を目指したのだという。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】

そこでこちらも応戦した。「これだけのコーナリングGを発生するスタビリティ、アドバンA460というタイヤ選択。団塊向けにしては、ちょっとやりすぎじゃありません?」

それに対しシャシー開発担当者は「僕も昔は走るの大好きでしたからねぇ」とステアリングを切り込む真似をした。どうやら彼らはまだまだ元気で、疲れているのは我々「団塊ジュニア」だったようである。


トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】

そう考えるとこのブレイド、なるほど合点が行く。フロントグリルのメッキ、シックなゴールドパールのボディカラー。カッコ良いのか野暮ったいのかわからないと思ったルックスは、クラウンの次候補としては絶妙な若々しさと老獪さを持っている。なるほどなぁ…。ただしその走りは若僧にとっても素晴らしいものがある。だから、「TRD」や「モデリスタ」のグリルレスバンパーでもつければ、それこそ欧州勢とも十二分に渡り合えるハッチバックであるということも付け加えておこう。 (文=山田弘樹/写真=峰昌宏/2007年1月)