【スペック】ブレイドG:全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4400rpm)/価格=256万2000円(テスト車=292万3200円/HDDナビゲーションシステム+バックガイドモニター+ETC=30万5550円/インテリジェントパーキングアシスト=2万4150円/ボディカラー3万1500円)

トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)【試乗速報】

団塊世代は疲れていない 2007.01.16 試乗記 トヨタ・ブレイド(FF/CVT)/ブレイドG(FF/CVT)
……261万300円/292万3200円
2006年12月21日、トヨタ・オーリスの姉妹車となる新しいハッチバックモデル「ブレイド」が登場した。2.4リッターエンジンに豊富な装備で“上級ハッチ”を謳うニューモデルの狙うところは?

内装の素材が違う

カローラから派生したハッチバック「オーリス」をベースに、さらなるプレミアム性を打ち出したのが「ブレイド」である。しかしこのモデル、存在が実に謎めいている。というのも、オーリスが「フォルクスワーゲン」や「アウディ」、そして「アルファ・ロメオ」や「プジョー」たちと現地で闘う欧州戦略車であるのに対して、このブレイドは純国内専用モデル。では「国内に導入された輸入車たちにぶつけるのか?」と問えば、エンジニアたちは「ノー」と答えたからなのだ。

「大人しくない大人に、ショートプレミアム」というキャッチコピーを掲げるブレイド。その言葉通り、内装の質感は非常に高い。シートにはアルカンターラ(人工スエード)が用いられ、フェイシアやメーターナセルにもスエード調の表皮が張り込まれるという見たこともない豪奢な仕上げ。ましてやブレイドはハッチバックである。

シートは“ぴん”と背筋を伸ばして座るタイプ。全体的に腰のある座り心地で、「Gグレード」標準の8ウェイパワーシートを使えば、思い通りのポジションを作り出すことができる。

さらにインパクトがあるのはセンタートンネルの造形だ。シフトゲートをもう少し短縮させれば左右のウォークスルーさえ可能なのでは? と思われる空間を、あえてつなげてしまっている。評価は賛否両論だろうが、ボクの眼には近未来の乗り物のようでカッコ良く映った。

ちなみにリアの居住性も、座面長が短いことを除けばしごく良好。前後席間距離が905mmと謳っているとおり、たしかに足下はゆったりとしていた。

「ブレイドG」の内装



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る