エコでおトクな日産の新型エンジン、「キューブ」など6車に

2007.01.16 自動車ニュース
1.5リッターエンジン「HR15DE」+「エクストロニックCVT」

エコでおトクな日産の新型エンジン、「キューブ」など6車に

日産自動車は、コンパクトカー用1.5リッターエンジンの環境性能を見直し、「ノート」「キューブ」など6車種に搭載した。

「ノート」

2004年に「ルノー」と共同開発した日産の1.5リッターエンジン「HR15DE」が、環境性能を高めるべく手直しされた。

まずはカムチェーンガイドに世界初というフッ素コートを施すなどし、エンジン内部のフリクションロスを低減。さらに組み合わせられる「エクストロニックCVT」との協調制御を見直し、アイドリング中は自動的にニュートラル状態になるなどの燃費改善措置がとられた。ブレーキング時の回生エネルギーをバッテリーに蓄え、これを電装品の使用に向ける仕組みも新たに採用された。
これらの改良により、従来型に比べて6%以上の燃費向上を実現したという。

「キューブキュービック」

新エンジン搭載車は「平成22年度燃費基準+20%」と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、グリーン税制において優遇を受けることができる。

この新型「HR15DE」が積まれるのはコンパクトカーを中心とする6車種で、うち「ノート」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウィングロード」は、2006年12月25日に発売済み。「キューブ」と「キューブキュービック」は、ヘッドランプやフロントグリルなど内外装に変更を加え、2007年1月17日に発売される。

(webCG 関)

関連キーワード:
キューブティーダノート日産ティーダ・ラティオウイングロード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る