クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】 全長×全幅×全高=4880×1820×1465mm/ホイールベース=2855mm/車重=1820kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800〜4800rpm))/価格=1035万3000円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツE550アバンギャルドS(FR/7AT)【試乗記】

自由を手にするために 2007.01.15 試乗記 メルセデス・ベンツE550アバンギャルドS(FR/7AT)
……1035万3000円
マイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」の中で、AMGモデルを除けば最高峰に位置するのが「E550」。5.5リッターV8を与えられたスポーツモデルに試乗した。

いわゆる「全部のせ」

メルセデス・ベンツのアッパーミドルセダン/ワゴンである「Eクラス」は、マイナーチェンジでエンジンラインナップに変更があった。話題のディーゼルエンジンまで選べるという、多彩な選択肢が用意されている。当然ながら価格差も大きく、「E300」が672万円と“お買い得”グレードとなっているのに対し、E550は1035万3000円というプライスタグがつく。Eクラスとしては(AMGを除き)、初めての1000万円超モデルということになった。

従来はE500と呼ばれていたが、エンジンの変更にともなって名称も変えられた。「E280」はE300に変わったにもかかわらずエンジンは同じであるから、いつもながら少々わかりにくい。ともあれ、E550に搭載されるのはSクラスにも採用されている(こちらはS500という名称である)5.5リッターDOHCV8エンジンである。従来の5リッターSOHCに比べると、最高出力で81psの向上を果たしている。トランスミッションは一気に2段増えた7G-TRONICが与えられている。スペックから見ると、プレミアムセダンのライバルたちに対して、大きなアドバンテージを得たといっていいだろう。

E550に用意される仕様は、「アバンギャルドS」のみ。スポーティで豪華なグレードである。AMGデザインの18インチアルミホイールを履き、フロント/リアにスポイラーを備え、スポーツステアリングホイールにはパドルシフトが装着されている。ホワイトステッチ入りの本革シート、前後左右独立調整のクライメートコントロール、harman/kardonサウンドシステムなど、豪華装備の充実ぶりも目覚ましい。いわゆる「全部のせ」状態のモデルなのだ。

メルセデス・ベンツの見識

少し前に新しい「S600L」に乗っていたのだが、このE550に乗り込んでみての印象はさほど遜色がないというものだった。2002年のデビューの時にはインテリアの質感の高さに驚かされたものだが、久々に目の当たりにするとやはり作りのよさに感心する。S600Lの約半額、とはいっても1000万円超なのだから、当然ともいえるのだが。

ただ、やはりEクラスであるから過剰な飾りっけはなく、運転席に収まると実直な気分に満たされる。アバンギャルドというのはスポーティなグレードなのだが、メルセデスはあからさまなスポーツモデル臭を振りまいたりはしない。スポーツシートもホールド性はよさそうなのだが、体がかっちりと押さえ込まれる感じはしない。ダブルのホワイトステッチは過度のスポーティ感を表現してはおらず、あくまでアクセント程度。節度をわきまえているのが、いつもながらメルセデス・ベンツの見識である。

しかし、フロントノーズに収まるパワーソースは、とてもじゃないがほどほどなどというものではない。5.5リッターV8エンジンは最大トルクこそ話題のディーゼルエンジン搭載車の「E320CDI」の55.1kgmにわずかに届かないものの、最高出力は当然ながらはるかに高い値で387psを誇っている。高回転まで回してパワーをもりもりと高めていく気持ちのよさは、どうしたってガソリンエンジンのほうが上だ。

望んだ通りの加速と軌跡

7段ATの7G-TRONICが、エンジンのもたらす快感をさらに高めてくれる。出来のよさに感嘆するというより、その存在を忘却してしまうのだ。低速走行ではスムーズにボディを滑らせるように振る舞い、加速時には変速を意識させないままどこまでもスピードを増していくかのように思わせる。ワインディングロードの下りで、初めてその存在意義を明確に示す。ギア選択は憎らしいほど正確で、コーナー進入前に適切なシフトダウンを行うのだ。せっかくのパドルシフトも、ほとんど使うべき場面がない。

AIRマチックDCサスペンションのもたらす乗り心地も、このクルマの大きな美点である。正直言って、ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)が制御するS600Lよりも、好ましいと感じた。コンフォートモードを選んでおけば、多少の路面の凹凸などやり過ごして、快適なドライブを楽しめる。それでいてハンドリングがダルになるようなことはないのだから、よほど気合いを入れて走るとき以外はスポーツモードを選ぶ必要は感じられなかった。

街中や高速道路でE550を走らせていると、自由であるという気分が身体に充満してくる。望んだ通りの加速と軌跡が得られ、意思とクルマの動きの間にクッションがないのだ。クルマがどんな動きを示すかに、常に確信を持てる。ある意味それはクルマが消失してしまうような感覚でもあるのだが、それがこのクルマの目指すところであるのだろう。自由の感覚は、圧倒的な力を背景としなければ生じることはない。軽やかな洗練でとてつもない力を包み込んだクルマが、E550なのである。

(文=別冊単行本編集室・鈴木真人/写真=峰昌宏/2007年1月)

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事