【スペック】 全長×全幅×全高=4880×1820×1465mm/ホイールベース=2855mm/車重=1820kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800〜4800rpm))/価格=1035万3000円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツE550アバンギャルドS(FR/7AT)【試乗記】

自由を手にするために 2007.01.15 試乗記 メルセデス・ベンツE550アバンギャルドS(FR/7AT)
……1035万3000円
マイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツEクラス」の中で、AMGモデルを除けば最高峰に位置するのが「E550」。5.5リッターV8を与えられたスポーツモデルに試乗した。

いわゆる「全部のせ」

メルセデス・ベンツのアッパーミドルセダン/ワゴンである「Eクラス」は、マイナーチェンジでエンジンラインナップに変更があった。話題のディーゼルエンジンまで選べるという、多彩な選択肢が用意されている。当然ながら価格差も大きく、「E300」が672万円と“お買い得”グレードとなっているのに対し、E550は1035万3000円というプライスタグがつく。Eクラスとしては(AMGを除き)、初めての1000万円超モデルということになった。

従来はE500と呼ばれていたが、エンジンの変更にともなって名称も変えられた。「E280」はE300に変わったにもかかわらずエンジンは同じであるから、いつもながら少々わかりにくい。ともあれ、E550に搭載されるのはSクラスにも採用されている(こちらはS500という名称である)5.5リッターDOHCV8エンジンである。従来の5リッターSOHCに比べると、最高出力で81psの向上を果たしている。トランスミッションは一気に2段増えた7G-TRONICが与えられている。スペックから見ると、プレミアムセダンのライバルたちに対して、大きなアドバンテージを得たといっていいだろう。

E550に用意される仕様は、「アバンギャルドS」のみ。スポーティで豪華なグレードである。AMGデザインの18インチアルミホイールを履き、フロント/リアにスポイラーを備え、スポーツステアリングホイールにはパドルシフトが装着されている。ホワイトステッチ入りの本革シート、前後左右独立調整のクライメートコントロール、harman/kardonサウンドシステムなど、豪華装備の充実ぶりも目覚ましい。いわゆる「全部のせ」状態のモデルなのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る