スバル:新春、大商談会【東京オートサロン07】

2007.01.15 自動車ニュース

【東京オートサロン07】スバル:新春、大商談会

「東京オートサロン2007」会場において、実に素朴ながら、来場客でごったがえしていたのがスバルブースであった。

■“普通感”がスバルらしい

展示車両は各販社(東京スバルや千葉スバル)のカスタマイズカーが平置きされていたり、ステラのチョイ悪「ステラ・カスタムREVESTA」や、STIによって100psチューンが施された「ステラ・カスタム STI CONCEPT」(と思いつつこれにはちょっと心を惹かれた)、「R2 Fashionable ver.」といったクルマたちがポツンと置かれている。その“普通感”は、実にスバルらしい感じがした。

ただしその横に、お姉さんたちがフェンダーに太ももをおいてポージングなんて取ったりしているものだから、“カメコ”(というより、オッサンだからカメオッサン。この人たちも高齢化が激しい)が群がって車両なんてゆっくり見れたものではない。いや、車両だってまともに見えない! お前らもう少しクルマに注目しろよ!! とついつい声を荒げたくなったが、スバルの人たちもニコニコしていたからよしとしよう。

■スバルファンには垂涎

人混みをかき分けブース中央に行くと、壇上には新井敏弘選手とペター・ソルベルグのWRカー2台が展示されていた。その右脇には、先日発売されたばかりの「インプレッサ WRX STI spec.C TYPE RA-R」。この目線移動は実に効果的で、両者が血縁関係にあることを簡単にイメージさせてくれる。

メーカーが作った夢のチューンドカー、テイストはシックだけど中身はゴツンゴツン、というこのマシンに、会社のセンパイ&コウハイ的な男子ふたりが嬉々として乗り込んでいる姿。シルビアやZ33をペタペタにして斜に構えている人種とは違う、このピュアな感じもスバルらしくて爽やかだった。

その逆サイドでは、STIメカニックによる水平対向エンジンの実演ビルド作業が公開されていたり(私が行ったときはまだバラバラだったが)、新井選手のトークショーがあったりと、スバルファン的にはかなり楽しめる新春ショーだったのではないだろうか。

■もうすぐ買える商品(?)を展示

じゃあ注目の一台は何なのさ? と問われれば、コンセプトカーというよりも今ある商品を実際に見て取れること、というのが筆者的感想。でも、それはとても良いことだと思う。つまりこれは、スバルの大商談会&お祭りだったのである。

例えばマフラーのバンパー遮熱板(エキゾーストフィニッシャー)がさり気に可愛い、若干のローダウンを施したライトエアロチューンの「レガシィB4 2.0R B-SPORT」は今にも注文が入りそうな大人っぽい仕上がりであった。
市場の反応を見ているであろう「アウトバックSTIコンセプト」では、バンパーやグリル、シートやインテリアを専用装備とし、中身は専用サスやブレンボブレーキなどSTIならではのチューンが施され、オートサロン明けにはディーラーに展示されていそうなリアリティを持っていたのである。

(文=山田弘樹/写真=webCG/2007年1月)

スバル:新春、大商談会【東京オートサロン07】の画像
「レガシィB4 3.0R SI Cruise Limited」
「レガシィB4 3.0R SI Cruise Limited」
「ステラカスタムREVESTA」
「ステラカスタムREVESTA」
「ステラカスタムSTIコンセプト」
「ステラカスタムSTIコンセプト」
エンジンビルドの様子
エンジンビルドの様子

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。