エコロジーな「プリウス」、排ガスをさらにキレイに

2007.01.15 自動車ニュース

エコロジーな「プリウス」、排ガスをさらにキレイに

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」の排気系に手直しを加え、2007年2月1日に発売する。

2008年10月から「低排出ガス車」の認定に新基準(平成17年基準排出ガス75%低減レベル)が適用されるのを受け、「トヨタ・プリウス」の排気系に手直しが加えられた。
エンジン付近の触媒を変更し、ボディ床下には新たな触媒を追加。さらに、エンジンのコンピューターマネージメントを見直すことで、いっそうクリーンな排ガスを実現したという。

また、触媒の性能劣化を運転者に知らせる機能が備わり、上記の新基準と同時に始まる「排ガス発散を防止する、高度な車載故障診断装置の義務づけ」にも対応した。

価格に変更はなく、226.8万円から325.5万円。
福祉車両バージョンの「ウェルキャブ」にも同様の変更が施され、やはり据え置き価格の236.0万円から275.0万円となる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.27 試乗記 個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る