トヨタ:「ビジネスマンも目が離せない」【東京オートサロン07】

2007.01.15 自動車ニュース
「カローラアクシオ "Sports M" MODELLISTA Concept」
【東京オートサロン2007】トヨタ:「ビジネスマンも目が離せない」

【東京オートサロン07】トヨタ:「ビジネスマンも目が離せない」

広大なブース中央に比較的こぢんまりとしたステージを据え、それを取り巻くように展示車15台とF1マシーン(レプリカ)をゆったりと配置したトヨタエリア。メインステージにクルマを載せず、展示車を目の当たりにできるのは来場者にとってはうれしい配慮だ。

「ブレイド AFFASCINANTE Concept」
「ブレイド AFFASCINANTE Concept」
「カローラフィールダー TRDスポルティーボバージョン」
「カローラフィールダー TRDスポルティーボバージョン」

■ミニバンは少なめ

展示車15台のうち、ミニバンやSUVは3台だけ。残りはカローラアクシオが2台、カローラフィールダーが2台、あとは、ヴィッツ、オーリス、そしてブレードと、ハッチバックがメインの構成もユニークだ。スポーツクーペがないのをカバーする意味もあるだろうが、若い人やスポーツドライブを好む来場者層向けには、ほどよい車種選択といえる。

そんななかで、ちょっと年齢層の高いビジネスマンなどが注目しそうな提案が「オーリス×TUMIブランドコラボコンセプトカー」だ。ボディカラーがブラックのコンセプトカーは一見ふつうのオーリスなのだが、室内を覗くと、トラベルバッグやビジネスバッグの世界では人気の高い「TUMI」の世界が散りばめられているのだ。

とはいっても、あの重厚な雰囲気ではなく、「T-TECH」と呼ばれる比較的カジュアルなラインのイメージでまとめらており、シートやフロアマット、ラゲッジマットには特徴的な赤のラインが描かれ、シフトレバーとインパネにはやはり同じ赤のパネルが上品にあしらわれる。TUMIの文字が赤く光るスカッフプレートもおごられる。

「オーリス×TUMI ブランドコラボコンセプトカー」
「オーリス×TUMI ブランドコラボコンセプトカー」
「オーリス×TUMI ブランドコラボコンセプトカー」前席シートバックのジッパー付き収納。
「オーリス×TUMI ブランドコラボコンセプトカー」前席シートバックのジッパー付き収納。

■反響次第で販売もアリ

前席のシートバックにはジッパー付きの収納が用意されていて、バッグメーカーならではの機能性を盛り込むことも忘れない。

そうなると、かなり値が張るのではないかと心配になるが、機能とデザインを兼ね備えたシートは、実はシートカバーにより実現されたものだそうである。つまりシートを貼り替えるような手間や時間は不要であり、当然価格も安く抑えられるということ。

他のパーツもすぐにでも商品化できそうなものばかりで、発売時期を開発担当者に尋ねてみると、「具体的な予定はありませんが、いつでも世の中に出せる状態にありますので、あとは反響次第というところです」とのこと。今回あらたにデザインされたキャリーバッグやトートバッグとともに、ぜひ販売に踏み切ってほしいところだ。

(文=生方聡/写真=webCG/2007年1月)

関連キーワード:
オーリスカローラ アクシオカローラ フィールダートヨタカーナビ/オーディオ/パーツ東京オートサロン2007イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る