ダイハツ:「萌えるダイハツ」【東京オートサロン07】

2007.01.15 自動車ニュース
 
【東京オートサロン2007】ダイハツ:「萌えるダイハツ」

【東京オートサロン07】ダイハツ:「萌えるダイハツ」

東京オートサロン2007の会場で、ダイハツ工業は軽自動車を中心に8台を展示した。

「エッセカスタム」
「エッセカスタム」
「DAMD ムーヴカスタム」
「DAMD ムーヴカスタム」

 

■コンパニオンと正反対のクルマたち

他の日本車メーカーに比べるとブースの規模は小さいのに、ショータイムは異様な熱気に包まれるダイハツのスペース。気になってのぞいてみると、展示車が置かれたフロアを、メイド風コスチュームをまとったコンパニオンたちが動き回り、一台ずつクルマを紹介している。紹介するクルマが移ると、カメラ片手の観客も同時に移動する。人垣の後ろではほとんどクルマは見えない。

ショータイムが終わったところで、ようやくブースを見わたすと、さすが軽のダイハツだけに、展示車8台中、軽じゃないのはブーンのラリー仕様車1台だけ。あとは「ムーヴカスタム」が4台と、「タントカスタム」「エッセカスタム」「コペン」というラインナップである。

カスタマイズ映えするのはやはりムーヴカスタムで、先ほどのコンパニオンとはまるで反対(!?)の精悍なスタイリングが印象的だ。純正オプションブランドの「SPORZA」、エアロメーカーの「DAMD」と「GIALLA(ジアラ)」、そして、走りにもこだわった「D-SPORT」と、4つの個性がそれぞれに違った世界を見せてくれる。

「D-SPORTS ムーヴ」
「D-SPORTS ムーヴ」
「D-SPORTS コペン」
「D-SPORTS コペン」

 

■軽自動車で耐久レースへ

なかでも目立つ存在が、イエローのボディにグレーのボンネットというD-SPORTの展示車両だ。走りにこだわるというだけあって、ボンネットはカーボンとFRPを使ったオリジナル軽量パーツで、純正エアロパーツにも彼らなりの手が加えられ、スポーティなイメージを高めている。そして、見た目だけではなく、サスペンションやストラットタワーバーなどのパーツも独自に開発することで、運転しても楽しいムーヴカスタムに仕上げたということだ。これらのパーツは市販化を前提に開発が進められたものだから、このコンセプトカーをお手本に、自分仕様をつくりあげることができるのだ。

そしてもう一台、このムーヴカスタムとほぼお揃いのカラーリングで展示されていたのが、やはりD-SPORTが手がける耐久レース仕様のコペンだ。今年2月にマレーシアのセパンサーキットで開催予定の24時間耐久レースに参戦するために開発を進めているマシーンで、「いつかはニュルブルクリンク24時間に出てみたいけど、軽じゃツライかなぁ(笑)」とはスタッフのコメント。まずはセパンでの健闘を祈る!

(文=生方聡/2007年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
ホームへ戻る