ダイハツ:「萌えるダイハツ」【東京オートサロン07】

2007.01.15 自動車ニュース
 
【東京オートサロン2007】ダイハツ:「萌えるダイハツ」

【東京オートサロン07】ダイハツ:「萌えるダイハツ」

東京オートサロン2007の会場で、ダイハツ工業は軽自動車を中心に8台を展示した。

「エッセカスタム」
「エッセカスタム」
「DAMD ムーヴカスタム」
「DAMD ムーヴカスタム」

 

■コンパニオンと正反対のクルマたち

他の日本車メーカーに比べるとブースの規模は小さいのに、ショータイムは異様な熱気に包まれるダイハツのスペース。気になってのぞいてみると、展示車が置かれたフロアを、メイド風コスチュームをまとったコンパニオンたちが動き回り、一台ずつクルマを紹介している。紹介するクルマが移ると、カメラ片手の観客も同時に移動する。人垣の後ろではほとんどクルマは見えない。

ショータイムが終わったところで、ようやくブースを見わたすと、さすが軽のダイハツだけに、展示車8台中、軽じゃないのはブーンのラリー仕様車1台だけ。あとは「ムーヴカスタム」が4台と、「タントカスタム」「エッセカスタム」「コペン」というラインナップである。

カスタマイズ映えするのはやはりムーヴカスタムで、先ほどのコンパニオンとはまるで反対(!?)の精悍なスタイリングが印象的だ。純正オプションブランドの「SPORZA」、エアロメーカーの「DAMD」と「GIALLA(ジアラ)」、そして、走りにもこだわった「D-SPORT」と、4つの個性がそれぞれに違った世界を見せてくれる。

「D-SPORTS ムーヴ」
「D-SPORTS ムーヴ」
「D-SPORTS コペン」
「D-SPORTS コペン」

 

■軽自動車で耐久レースへ

なかでも目立つ存在が、イエローのボディにグレーのボンネットというD-SPORTの展示車両だ。走りにこだわるというだけあって、ボンネットはカーボンとFRPを使ったオリジナル軽量パーツで、純正エアロパーツにも彼らなりの手が加えられ、スポーティなイメージを高めている。そして、見た目だけではなく、サスペンションやストラットタワーバーなどのパーツも独自に開発することで、運転しても楽しいムーヴカスタムに仕上げたということだ。これらのパーツは市販化を前提に開発が進められたものだから、このコンセプトカーをお手本に、自分仕様をつくりあげることができるのだ。

そしてもう一台、このムーヴカスタムとほぼお揃いのカラーリングで展示されていたのが、やはりD-SPORTが手がける耐久レース仕様のコペンだ。今年2月にマレーシアのセパンサーキットで開催予定の24時間耐久レースに参戦するために開発を進めているマシーンで、「いつかはニュルブルクリンク24時間に出てみたいけど、軽じゃツライかなぁ(笑)」とはスタッフのコメント。まずはセパンでの健闘を祈る!

(文=生方聡/2007年1月)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る