【スペック】 全長×全幅×全高=5100×1955×1840mm/ホイールベース=3075mm/車重=2530kg/駆動方式=4WD/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800-4800rpm)/価格=1280.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツGL550(4WD/7AT)【試乗記】

巨大SUVのドイツ的解釈 2007.01.13 試乗記 メルセデス・ベンツGL550(4WD/7AT)
……1280.0万円

2006年10月4日に発売された、メルセデス・ベンツの新型SUV「GLクラス」。すでにSUVモデルを揃えるベンツが新たに追加した3列シート7人乗りの大型ラクシャリーモデルに試乗する。

よりオンロード向きな高級SUV

大きいとは聞いていたけれど、荒天の箱根山中、霧の中から現れたうすらでかいシルエットが次第にクルマの形になってきたとき、ちょっと不気味な感じがした。

ここのところ狂ったように上下左右にモデルレンジを広げているメルセデスの中で、「Rクラス」よりさらに大きなプレミアムSUVというか、巨大クロス、それが「GL」である。最初は「Gクラス」、つまりゲレンデバーゲンの近代化なのかと思ったが、狙いは違う。Gが最高級クロスカントリーであるのに対し、GLはフルサイズ・ラクシャリーSUVというのがメーカーの説明である。
つまりより乗用車的、よりオンロード向けで、加えてより豪華なモデルと受け取ればいい。

5ドアボディの外寸は5100×1955×1840mmと小山のように大きい。無論Gクラスよりはるかに長く幅広く、Gほどいかつくはないが、それでも威風堂々としている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る