【スペック】 3.2:全長×全幅×全高=4850×1860×1495mm/ホイールベース=2835mm/車重=1700kg/駆動方式=FF/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm))/価格=640.0万円(テスト車=同じ)

ボルボS80 3.2(FF/6AT)/V8 AWD(4WD/6AT)【短評(後編)】

プレミアムもスポーティも北欧流(後編) 2007.01.11 試乗記 ボルボS80 3.2(FF/6AT)/V8 AWD(4WD/6AT)
……640.0万円/844.0万円
フルモデルチェンジされたボルボのフラッグシップ「S80」は、スカンジナビアデザインをさらに強調した内外装を得た。新開発のV8エンジンによる動力性能の強化が、もうひとつの大きな期待点である。

軽やかなエンジン、でもスポーティさは……

(前編より)長崎には、海と山しかない。平地というものが極端に少なくて、斜面の交差する線と海の縁を道が通っていくばかりだ。試乗のステージとなった大村湾は外海への出口に橋が架かっていて、佐賀方面に抜けるクルマが集中するから流れが悪くなる。せっかくのV8の実力を測るには、少々キビシい条件なのだった。それでも、V8の勇ましい音と迫力のある加速は、アクセルペダルを少し踏み込んだだけで味わえる。

ドロドロと細かくうなるような音がスッーと高まっていき、何やら金属が擦れ合うようなウィーンという高周波まで交じってくるのだ。快音ではあるが、ボルボに乗っているという頭があるから、つい違和感を持ってしまう。
スポーツモデルということではこれまでも「Rシリーズ」があったのだが、ずいぶん感触は違っていた。エンジンが素早く回転を増していき、それにつれて滑らかにパワーが盛り上がっていく様は、Rシリーズの2.5リッターターボのもたらす力感とは違って軽やかさが前面に出ている感じだ。

動力性能としては、1880キロのボディには十分なものだ。2.2トンの「XC90」でも強力な加速が得られていたのだから、当然である。アップダウンの多い長崎の道を、力強く駆け抜けていく。先代の4段から一気に6段に進化したギアトロニック仕様のトランスミッションも、滑らかな変速動作で心地よい。速さもあるし、エンジンのフィールも悪くない……しかし、なぜか一向にスポーティな気分に浸れないのはなぜだろう。どうやら、エンジン以外の部分がいかにも今までのボルボ然としていて、どことなくギャップを感じてしまうのだ。どっしりと安定したハンドリングは安心感をもたらすが、爽快さとはあまり縁がなさそうだ。コーナーを次々にクリアしていくことに歓びを感じる、という場面は訪れない。

「S80 V8 AWD」の内装。


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S80の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
ホームへ戻る