「Be Cool, Be Chic」でまとめた、ホンダのコンセプトモデル3台【東京オートサロン07】

2007.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン07】「Be Cool, Be Chic」でまとめた、ホンダのコンセプトモデル3台

2007年1月12日から14日まで開催されるチューンドカーの祭典「東京オートサロン2007 with NAPAC」で、ホンダの純正用品メーカーであるホンダアクセスは、四輪のコンセプトモデル3台を展示する。

ブース全体のテーマは「人とバイクとクルマの粋なライフスタイルの提案」。四輪も二輪も販売するホンダならではの切り口で展示されるという。

コンパクトカー「フィット」をベースとした「フィット・デイリーアクティブコンセプト」は、ナビゲーションやゲーム、通信、AV機能を持つ「ポータブルAVN」が備わるのが特徴。これをインパネやフロントシートヘッドレストに組み込めるほか、車外でも使うことができる。

2006年7月にフルモデルチェンジを受けた「ストリーム」も、2つの方向性でカスタマイズされる。
空力性能を追求したというエアロパーツが目をひく「ストリーム・ハイパースポーツコンセプト」は、運転の楽しさだけでなく、同乗者も楽しめるよう、エンターテイメントシステムを満載した。

もう一台の「ストリーム・エクスクルーシブコンセプト」では、次世代のプレミアム性を提案、3列目をなくすことで、後席をゆったりしたラウンジスペースとし、LED付きの本革ラウンジシートと17インチディスプレイ、HiFiサウンドシステムを与え、上質な室内空間を作りだしたという。

(webCG 本諏訪)

「フィット・デイリーアクティブコンセプト」
「フィット・デイリーアクティブコンセプト」
「ストリーム・ハイパースポーツコンセプト」

「ストリーム・ハイパースポーツコンセプト」
「ストリーム・エクスクルーシブコンセプト」

「ストリーム・エクスクルーシブコンセプト」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る