日産「スカイライン」エアロ、日本初お披露目「マーチ」オープンも【東京オートサロン07】

2007.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン07】日産「スカイライン」エアロ、日本初お披露目「マーチ」オープンも

2007年1月12日から14日まで開催されるチューンドカーの祭典「東京オートサロン2007 with NAPAC」で、日産自動車は、2006年12月にフルモデルチェンジした「スカイライン」を中心にカスタマイズカーを展示する。

「スカイライン」をベースに2台のコンセプトカーを用意する日産。
エクステリアにスポーティなエアロパーツを装着した「スカイライン・エアロコンセプト」に対し、「スカイラインインテリアコンセプト」では、プラチナグレーのレザーを内装に用いてモダンなインテリアを演出した。

さらに欧州で発売中の「マイクラC+C」も、参考出品車として日本初お披露目される。「マーチ」(欧州名:マイクラ)の屋根が自動で開閉する、クーペカブリオレスタイルを持つモデルだ。

モータースポーツを担当するNISMOは、レーシングカーを展示するほかに、2007年度のスーパー耐久参戦チームに販売されるプロダクションレースカー「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」もお目見えするようだ。

また「ライダー」シリーズでお馴染みのオーテックからは、エアロパーツなどを施した6台が日産ブースに出展される。

(webCG 本諏訪)

「スカイライン・エアロコンセプト」
「スカイライン・エアロコンセプト」
「マイクラC+C」

「マイクラC+C」
「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」

「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 第2回:独創のGT-R<1969年>
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る