日産「スカイライン」エアロ、日本初お披露目「マーチ」オープンも【東京オートサロン07】

2007.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン07】日産「スカイライン」エアロ、日本初お披露目「マーチ」オープンも

2007年1月12日から14日まで開催されるチューンドカーの祭典「東京オートサロン2007 with NAPAC」で、日産自動車は、2006年12月にフルモデルチェンジした「スカイライン」を中心にカスタマイズカーを展示する。

「スカイライン」をベースに2台のコンセプトカーを用意する日産。
エクステリアにスポーティなエアロパーツを装着した「スカイライン・エアロコンセプト」に対し、「スカイラインインテリアコンセプト」では、プラチナグレーのレザーを内装に用いてモダンなインテリアを演出した。

さらに欧州で発売中の「マイクラC+C」も、参考出品車として日本初お披露目される。「マーチ」(欧州名:マイクラ)の屋根が自動で開閉する、クーペカブリオレスタイルを持つモデルだ。

モータースポーツを担当するNISMOは、レーシングカーを展示するほかに、2007年度のスーパー耐久参戦チームに販売されるプロダクションレースカー「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」もお目見えするようだ。

また「ライダー」シリーズでお馴染みのオーテックからは、エアロパーツなどを施した6台が日産ブースに出展される。

(webCG 本諏訪)

「スカイライン・エアロコンセプト」
「スカイライン・エアロコンセプト」
「マイクラC+C」

「マイクラC+C」
「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」

「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」

関連キーワード:
スカイラインフェアレディZマーチ日産東京オートサロン2007イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
ホームへ戻る