日産「スカイライン」エアロ、日本初お披露目「マーチ」オープンも【東京オートサロン07】

2007.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン07】日産「スカイライン」エアロ、日本初お披露目「マーチ」オープンも

2007年1月12日から14日まで開催されるチューンドカーの祭典「東京オートサロン2007 with NAPAC」で、日産自動車は、2006年12月にフルモデルチェンジした「スカイライン」を中心にカスタマイズカーを展示する。

「スカイライン」をベースに2台のコンセプトカーを用意する日産。
エクステリアにスポーティなエアロパーツを装着した「スカイライン・エアロコンセプト」に対し、「スカイラインインテリアコンセプト」では、プラチナグレーのレザーを内装に用いてモダンなインテリアを演出した。

さらに欧州で発売中の「マイクラC+C」も、参考出品車として日本初お披露目される。「マーチ」(欧州名:マイクラ)の屋根が自動で開閉する、クーペカブリオレスタイルを持つモデルだ。

モータースポーツを担当するNISMOは、レーシングカーを展示するほかに、2007年度のスーパー耐久参戦チームに販売されるプロダクションレースカー「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」もお目見えするようだ。

また「ライダー」シリーズでお馴染みのオーテックからは、エアロパーツなどを施した6台が日産ブースに出展される。

(webCG 本諏訪)

「スカイライン・エアロコンセプト」
「スカイライン・エアロコンセプト」
「マイクラC+C」

「マイクラC+C」
「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」

「フェアレディZバージョンNISMO Type380RS-Competition」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る