【スペック】 V8 AWD:全長×全幅×全高=4850×1860×1495mm/ホイールベース=2835mm/車重=1880kg/駆動方式=AWD/4.4リッターV8DOHC32バルブ(315ps/5950rpm、44.9kgm/3950rpm))/価格=840.0万円(テスト車=844.0万円/クリーンゾーン・インテリア・パッケージ:車内自動換気システム/アルミニウム・パネル/本革巻シフトノブ/天然ゴム製フロアトレーセット/ラゲッジトレー)

ボルボS80 3.2(FF/6AT)/V8 AWD(4WD/6AT【試乗記(前編)】

プレミアムもスポーティも北欧流(前編) 2007.01.10 試乗記 ボルボS80 3.2(FF/6AT)/V8 AWD(4WD/6AT)
……640.0万円/844.0万円
ボルボのフラッグシップ「S80」は、フルモデルチェンジで新しいV8エンジンを得た。いよいよラクシュリー&スポーティの最前線で真っ向勝負か、と思いきや、北欧的価値観は頑固に貫かれていた。

独自の価値観

ボルボのデザイン革新も、ひと回りしてすっかり定着したようだ。先代のS80が登場した時にはイメージを一新したフォルムに戸惑ったものだけれど、今ではラウンドしたショルダーを強調したふくよかな形状はボルボのアイデンティティだと感じられる。「S40」、「V50」はコンパクトなサイズの中でよくボリューム豊かな新デザインを適用できたものだと思っていたが、新しいS80はむしろS40のデザイン手法を取り入れたように見える。その結果、少しだけ筋肉質なカラダを手に入れて、引き締まった表情を得たのだ。

見た目だけではなくて、実際にS80にはたくましい筋肉がついた。新しく採用されたV8エンジンである。ボルボらしからぬハイパワースペックを誇るこのパワーソースが今回のモデルチェンジの大きなウリとなっているのだ。すでに「XC90」に搭載されていたものだけれど、セダンボティでどう実力が引き出されるか、大きな期待があった。

長崎で行われた試乗会での商品説明会では、「他メーカーに追いついた点と、他メーカーから未だに追いつかれていない点」がある、とレクチャーがあった。「追いついた点」というのはエンジンスペックのことであり、「追いつかれていない点」が安全装備であることは言うまでもない。
もうひとつ強調されていたのは、「ドイツメーカーとは明らかに異なるアプローチ」をしているということである。北欧の価値観として人間尊重、人と自然との調和などを挙げ、その帰結として安全性や環境への配慮が重視されると説明している。そして、厳しい冬を耐え、短い夏を楽しむためのクルマ作りを行っていると説くのだ。ドイツ車全盛の中で独自の価値観を貫こうとする、その言やよしである。

「V8 AWD」の内装
「V8 AWD」の内装
【スペック】
3.2:全長×全幅×全高=4850×1860×1495mm/ホイールベース=2835mm/車重=1700kg/駆動方式=FF/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm))/価格=640.0万円(テスト車=同じ)
【スペック】
    3.2:全長×全幅×全高=4850×1860×1495mm/ホイールベース=2835mm/車重=1700kg/駆動方式=FF/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm))/価格=640.0万円(テスト車=同じ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S80の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
ホームへ戻る