【スペック】 全長×全幅×全高=5085×1985×1740mm/ホイールベース=3000mm/車重=2370kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9kgm/3500rpm)/価格=945.0万円(テスト車=996.0万円)

アウディQ7 4.2 FSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディQ7 4.2 FSIクワトロ(4WD/6AT) 2007.01.06 試乗記 ……996.0万円
総合評価……★★★★


高級SUV市場に初投入したアウディの新型「Q7」。老舗のライバル車をも上回る巨体のプレミアムカーに試乗して、SUVらしからぬ走りに新しい魅力を感じたという。

100%アウディ味

フルタイム4WDの代名詞ともいえる「クワトロ(quattro)」の頭文字をモデル名に組み入れた「Q7」は、アウディが満を持して市場に投入したSUVだ。
“4WDのエキスパート”が、生粋のドイツ勢のなかでは最後発というのも奇妙な話だが、そもそもクワトロが悪路を走破するための4WDをヒントに、スポーティで安定した走りを乗用車にもたらす技術として生まれたことを考えると、クワトロとSUVはスタート地点こそ同じだが、もっとも遠い場所に位置する関係ということができる。

それだけに、アウディが手がけたQ7にはオンロード指向が強く表われている。その最たるものがQ7に搭載される4WD。Q7では、他のラインナップ同様、トルセンデフを使ったいつものクワトロをベースにしているのだ。もちろん、低速で急勾配を下る“ヒルディセントアシスト”など、悪路走破用のシステムも備えてはいるが、SUVに付き物のローレンジギアやデフロックのスイッチなどは見あたらない。

そのへんが血縁関係にある「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」とは違う部分で、そればかりかQ7は、デザインから乗り味まで、どこをとってもアウディそのものなのだ。後発の強みで、走りにも磨きがかかり、プレミアムSUVの新しい魅力が伝わってくるQ7なのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る