第9回:アメ車の味とはなんなのか? 〜日欧のクルマと違う道へ(後編)

2006.12.29 エッセイ

第9回:アメ車の味とはなんなのか? 〜日欧のクルマと違う道へ(後編)

LAに本拠を置く日系メーカーの広報車は自走で来るが、デトロイトベースの“ビッグ3”たちは、大型トレーラーで広報車をドッカーンとまとめて運ぶ。
もっとスポーティかと思っていたら、目一杯ラグジィ系だった、フォードの新型SUV「エッジ」。

■古い設計でも十分と考えるフォード

GMに続き、フォードの試乗エリアに来てみると、ウェイティングの人があとを絶たない。そう、皆、「シェルビーGT500」(5.4リッターV8、500ps)にどうしても乗りたいのだ。それほど“シェルビー効果”は、典型的なアメリカ人に有効なのだ。

その乗り味を一言で表現すると「意外と、普通」。エンジンONでV8がドロドロすることもないし、低速走行でサスがガシガシ、ゴツゴツもしない。「なんだか拍子抜けしちゃう」ほど、普段のドライブに向いている。

アクセル全開で、イートン製ルーツ式3枚歯スーパーチャージャーが「ウギュワァーン!」と叫ぶ。だが、遮音性が意外と高く、うるさいと思う音量・音質ではない。

直線でフルスロットル。リアサスがじーんわりと沈みこみ、ズッシーンと加速する。
コーナーに進入。トラクションコントロールをONにしたまま、この手のクルマとしては中程度の重さとなるパワステを切る。ステアリングを切ったぶんだけクルマ全体が曲がるような安心感があるのだが、ステアリングギア比が意外とスローで、結構な角度まで切りたす必要があった。
ロール量は、乗り心地と比例して大きいが、「この先、どっかにブッ飛っンでいっちゃうのか!?」というような不安はない。

ちなみにトラクションコントロールOFFで同じコーナーを攻めてみると、意外や意外、コントローラブルだった。このボディスタイルからすると、スナップオーバー(いきなりグワーンとリアが振り回される現象)を想像してしまうのだが……。

日系自動車メーカー開発者たちはよく「こんな古い基本設計のリアサスでいいのか?」といっている。しかし、シェルビーGT500の目指す「大パワーを万人向きに楽しく&乗りやすく」は、十分満たされている。

なお、系統は違うが、期待のミドサイズSUV「エッジ」でも同様に、マイルド系ズッシリ乗り味は表現されていた。

日本にも正規上陸した「グランドチェロキーSRT8」。 独特の迫力をご堪能下さいませ。

■ソフト、マイルド、典型的アメ車のクライスラー

アメ車のなかでここ数年、ハイパフォーマンス系を躍起になって追いかけてきたのがダイムラー・クライスラー(以下DC)だ。AMGやMなどと同じ位置づけを狙い、SRT(Street&Racing Technology)というブランド展開をしかけてきた。
ちなみにDCには現在、クライスラー、ダッジ、ジープとあるが、SRTは3ブランドを横断して設定している。

「ダッジ・チャージャーSRT8」(6.1リッターV8 HEMI、425ps)、「ジープ・チェロキーSRT8」(6.1リッター/V8 HEMI、420ps)を、サーキットで全開走行してみる。
ピットに並んでいる両車の姿を見て思わず「うぉー、カッチョいいー」と、小躍り。さらに「チャージャーパトカー」を交えてしまうと、往年の刑事ドラマ『西部警察』のような、“わかりやすいカッコ良さ”を感じる。

チャージャーSRT8はエンジンを始動すると、OHVのわかりやすい音と振動がフロアに響く。
ハイパフォーマンスブランド「SRT」の名を信じてコーナーに突入すると……ソフトすぎる! パワステは非常に軽く、バネ上がスワーンとマイルドに動く。ステアリングでのいわゆる“壁”がないのに、ある時点からクククッと操舵されてしまう。ステアリングを切ったぶんだけ曲がるという、安心第一のFRではなく、舵角と旋回ラインが微妙にリンクしない。
これぞ、「典型的、古典的なアメ車ハンドリングテイスト」だ。

ドイツ車に乗った直後だと頭は混乱するかもしれない。それぐらいチャージャーSRT8の操作感は特殊だった。特別に怖いわけではないが、ハイペースで走るには、ドライバーの頭のスイッチを大きく切り替えないと運転できない。

チェロキーSRT8に乗ると、ローダウンなボディスタイルに似合わず、サスはマイルドでロール量がかなり大きい。それを20インチタイヤでガッツリと支えているように走る。しかも、チャージャーSRT8よりHEMIドロドロ音がかなり大きい。
新型「BMW X5」 「アキュラMDX」も走らせたが、チェロキーSRT8が求める走り味とは180度違っていた。

つまりSRTとは“真のマッスル”なのだ。独シュトゥットガルト(メルセデス本部)としても「根本的に、SRTはAMGとは狙っているマーケットが違う。当然コスト的にも、AMGと同等にならない。SRTは徹底したアメリカンを追及するべし」と判断しているのだろう。
サーキット走行タイムの速い遅いが、SRTの商品判断基準ではないようだ。SRTはマッスル体験型商品として、確固たる人気を誇っているのだ。

砂漠に夕陽が傾いてくる。2日間で50台の一気乗り、お疲れ様でした。

■生き抜く道を見つけた

以上、米ビッグ3を乗り味、走り味の特徴から比較してみると、まことに3社3様である。

しかし、3社に共通して、アメ車には「大らかさ」がある。これは一般的にアメ車を表現するときに使われるあいまいな言葉でもあるが、最新モデルに実際乗ってもその特徴を感じる。特に最近は、メーカーがそれを“味”と認識し、意識的に出している感すらある。

その「おおらかさ」を持ち合わせながらも、ビッグ3はそれぞれ味付けを変えている。
一言でいえば、GMは「プチ・ヨーロピアンな上昇志向」、フォードは「アメリカン・トラディショナルな迫力」、DCは「圧倒的なオリジナルテイストをプッシュ」といえるだろう。

アメ車が、欧州車、日本車、韓国車に負けないためには、「あのテイストが好きだから、GMが、フォードが、DCが、買いたい!」とユーザーに思ってもらえる個性を確立することが大切だ。

どうやらビッグ3は、それぞれの生き抜く道をやっと探し当てたようだ。

(文=桃田健史(IPN)/2006年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。