【スペック】 全長×全幅×全高=3995×1720×1245mm/ホイールベース=2440mm/車重=1100kg/駆動方式=FR/2.0リッター直4DOHC16バルブ(166ps/6700rpm、19.3kgm/5000rpm))/価格=260万円(テスト車=同じ)

マツダ・ロードスターVS(FR/6AT)【試乗記】

もう、硬派ではない 2006.12.27 試乗記 マツダ・ロードスターVS(FR/6AT)
……260万円

ハードトップ仕様「RHT」が登場した今、「マツダ・ロードスター」のATモデルにはいかなる意義があるのか。初代の硬派イメージからは離れたが、雰囲気グルマとして新たな魅力を得たクルマとなっていた。

プレミアム感ならRHTを

ロードスターがオートマなんて……という気持ちを持ってしまう人は、きっと多いんじゃないか。実のところ自分にもそういう感覚があるわけで、オープン2シーターはマニュアルでなきゃ楽しめるはずがない、という思い込みはなかなか消し去ることができない。そして、ロードスターは初代ユーノスの質実なイメージが鮮烈だったから、どうしてもATを組み合わせるという発想が出てこないのだ。
しかし、今やメタルトップのモデルだって存在するのだから、そんな古くさいことを言っていては始まらないのだろう。

他の日本のオープン2シーターを見ると、「日産フェアレディZロードスター」はATモデルが主流だ。エンジンは3リッターで余裕たっぷりだし、スタイルも悠々たる風情なのだから、MTでせわしなく運転するのは面倒に思う人も多いだろう。
対して「ホンダS2000」は排気量を拡大してATにもマッチしそうなエンジンに換えてからも、MTのみのモデル構成である。こちらはユーザーが硬派イメージを保ち続けていて、ATを要望する声は少ないらしい。
マツダ・ロードスターは、3代目となってスポーツカーの存在感よりも、快適な雰囲気グルマの方向にシフトしたような気がする。

先代と比べると、エクステリアは陰影を抑え気味にして、いわゆる都会的な洗練を指向している。タンレザーのシートは見た目も華やかで、おしゃれオープンカーの資質は充分である。
そう思って油断していると、ドアミラーの収納ボタンが見つからずに困惑していたら実は手動だったりして、虚を突かれる。幌の開閉も手動だから、そのあたりにプレミアム感を求めたい人はRHT(リトラクタブルハードトップ)を選ぶのが賢明というものだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る