新春早々の“ありがとう!”、VW「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフプラス」限定車

2006.12.27 自動車ニュース

新春早々の“ありがとう!”、VW「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフプラス」限定車

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、フォルクスワーゲン「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフプラス」に2007年の初売り限定車として「サンクス・エディション」を設定、2007年1月6日から順次発売する。

「ポロ・サンクス・エディション」は最量販グレード「1.4コンフォートライン」に、マルチメディアステーション(MMS)や、フロントシートヒーター、アルミホイールなどを付与した内容だ。500台のみで、価格は217.0万円。

「ゴルフ」のサンクス・エディションは、エントリーグレード「E」をベースに、新デザインのアルミホイール、フロントフォグランプなどでお化粧。車内にはレザーステアリングホイールやシートヒーターなどを配した。249.0万円のプライスタグを付け、1027台リリースされる。

最後に背高ゴルフの「ゴルフプラス」には、HDDナビゲーションを盛り込んだ。250台限定、価格は295.0万円。

(webCG 有吉)

「ポロ・サンクス・エディション」
「ポロ・サンクス・エディション」
「ゴルフ・サンクス・エディション」
「ゴルフ・サンクス・エディション」
「ゴルフプラス・サンクス・エディション」
「ゴルフプラス・サンクス・エディション」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」の新型を発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも用いられる横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用。より洗練されたエクステリアデザインや最新のコネクティビティーも手に入れた、その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る