「ダイハツ・ブーン」も“当然”マイナーチェンジ

2006.12.26 自動車ニュース

「ダイハツ・ブーン」も“当然”マイナーチェンジ

ダイハツ工業は、小型乗用車「ブーン」をマイナーチェンジし、2006年12月25日に発売した。

「トヨタ・パッソ」の兄弟「ダイハツ・ブーン」。マイチェンを受けたパッソ同様、内外装をリフレッシュしたのに加え、メモリー機能付きオーディオ「ミュージックサーバー」を採用するなどした。

1リッターと1.3リッター、さらにスポーツモデル「X4」を含め、価格は102万9000円から204万7500円まで。

(webCG 有吉)

「ダイハツ・ブーン」も“当然”マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
ブーンダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
ホームへ戻る