【スペック】 (欧州仕様)全長×全幅×全高=4178×1842×1358mm/ホイールベース=2468mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(200ps/5100-6000rpm、28.5kgm/1800-5000rpm)

アウディTTロードスター2.0TFSI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】

軽くて、骨太 2006.12.23 試乗記 アウディTTロードスター2.0TFSI(FF/2ペダル6MT)
2代目に進化したアウディ「TTクーペ」に引き続き、オープンモデル「TTロードスター」が登場。日本導入を前にソフトトップの新型モデルにフランスで試乗した。

軽く仕上げました

アウディのお家芸ともいえるアルミ・スペースフレーム技術「ASF」が惜しみなく投入されて、2代目へと進化した「TTクーペ」。ASFがもたらす軽さが、TTクーペの魅力を押し上げただけに、そのオープンモデルである「TTロードスター」にも私の関心は高まっていた。果たして期待どおりか? 温暖なコート・ダジュールのリゾート地・ニースで、その仕上がりのほどを確かめた。

すでにクーペがラインナップされているから当然なのかもしれないが、TTロードスターはメタルトップのいわゆる“クーペ・カブリオレ”ではなく、ソフトトップを備えたオーソドックスなオープンカーである。そのうえキャビンは2シーターと、いまどき潔いクルマなのだ。おかげで、幌を上げても降ろしても間延びした感じはなく、端正なスタイルがスポーティな走りを予感させた。

もちろん、ソフトトップの採用はデザインのためだけではない。スポーティな走りを目指した新型TTロードスターにとって、軽量化は最優先事項だった。
大きな開口部を持つオープンカーでは、高いボディ剛性を確保するために、重量増を伴うボディの補強が必要なのはいうまでもないが、TTロードスターの場合は、たとえば、アルミ押し出し材を使ったサイドシルをクーペとは異なる断面形状にするとともに肉厚を増したり、Aピラーまわりを補強するなどして旧型に比べて2倍以上のボディ剛性を確保している。にもかかわらず、クーペに対する重量の増加は手動式トップの場合で35kg、電動油圧式でも67kgに過ぎない。当然、ソフトトップの採用もこの数字に貢献しているというわけだ。

 
アウディTTロードスター2.0TFSI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】の画像
 
アウディTTロードスター2.0TFSI(FF/2ペダル6MT)【海外試乗記】の画像
フルオートマチック電動油圧式ソフトトップ(2.0TFSIはオプション)により、ソフトトップはボタンを押すだけで、12秒で開閉する。
フルオートマチック電動油圧式ソフトトップ(2.0TFSIはオプション)により、ソフトトップはボタンを押すだけで、12秒で開閉する。
関連記事
  • アウディTTロードスター 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)/TTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.21 試乗記 アウディのスポーツカー「TT」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。オープン2シーターの「TTロードスター」と高性能モデル「TTSクーペ」を駆って、その実力を確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 「アウディR8スパイダー/TT RSクーペ/RS 3セダン」発表会の会場より 2017.3.28 画像・写真 アウディ ジャパンが新型「R8スパイダー」「TT RSクーペ」「RS 3セダン」の3車種を発表。アウディのモータースポーツ活動を担うアウディスポーツ社が手がけた高性能モデルで、5月から7月に順次発売される。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • アウディTTロードスター 2.0 TFSI(FF/2ペダル6MT)【試乗記】 2007.7.13 試乗記 アウディTTロードスター 2.0 TFSI(FF/2ペダル6MT)
    ……535.0万円

    「アウディTTクーペ」がオープンボディを得て登場。モノグレードとなる2シータースポーツ、新型の実力を探る。
ホームへ戻る