ナンバー付き競技車両「ロータス・エリーゼSカップカー」発表

2006.12.22 自動車ニュース

ナンバー付き競技車両「ロータス・エリーゼSカップカー」発表

ロータスの日本総代理店エルシーアイ(株)と、レースオーガナイザーであるロータスカップ・ジャパン・アソシエイション(L.C.J.A.)は、2007年にスタートするワンメイクレース用のモデル「ロータス・エリーゼSカップカー」を2006年12月22日に発表。同車の予約を来春1月中旬からスタートさせる。


もともとレーシーな「エリーゼS」のコックピットに、ロールケージや消火器など安全装備を加えたのがカップカーだ。

■レース参加者にのみ販売

スーパー耐久や全日本ジムカーナ選手権など、国内モータースポーツシーンにもたびたび登場しているというロータス。同ブランドにとって日本初というワンメイクレース「ロータスカップ・ジャパン」が、2007年からスタートする。

初年度は関東近辺のサーキット(富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎ、筑波サーキット)で3、4戦を予定。レースに参加するためには、国内A級ライセンスと、「エリーゼSカップカー」の購入、年間参加フィー(50万円)の支払いが必要となる。


ドライバーの背後にマウントされるのは、トヨタ製の可変バルブタイミング機構付き1.8リッターエンジン。136psのパワーで、860kgの軽量ボディを引っ張る。

そのカップカーは、この夏に発売された、136psを発生するトヨタエンジン搭載のノーマル「エリーゼS」(453万6000円)に、ロールケージや4点式シートベルトなどL.C.J.A.指定のレースパーツを装着したもので、車両販売価格は584万8500円。ナンバー付きだから、もちろん公道での走行もOKだ。

上記以外には基本的に“素”のエリーゼSだが、カラーリングはスペシャルで、ストライプ+ユニオンジャックがカップカーの証である。

レース参加の申し込みは、2007年1月中旬からの予定。詳しくは、L.C.J.A.(電話03-5754-0805)まで。

(webCG 有吉)




エルシーアイ:
http://www.lotus-cars.jp/

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る