ナンバー付き競技車両「ロータス・エリーゼSカップカー」発表

2006.12.22 自動車ニュース

ナンバー付き競技車両「ロータス・エリーゼSカップカー」発表

ロータスの日本総代理店エルシーアイ(株)と、レースオーガナイザーであるロータスカップ・ジャパン・アソシエイション(L.C.J.A.)は、2007年にスタートするワンメイクレース用のモデル「ロータス・エリーゼSカップカー」を2006年12月22日に発表。同車の予約を来春1月中旬からスタートさせる。


もともとレーシーな「エリーゼS」のコックピットに、ロールケージや消火器など安全装備を加えたのがカップカーだ。

■レース参加者にのみ販売

スーパー耐久や全日本ジムカーナ選手権など、国内モータースポーツシーンにもたびたび登場しているというロータス。同ブランドにとって日本初というワンメイクレース「ロータスカップ・ジャパン」が、2007年からスタートする。

初年度は関東近辺のサーキット(富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎ、筑波サーキット)で3、4戦を予定。レースに参加するためには、国内A級ライセンスと、「エリーゼSカップカー」の購入、年間参加フィー(50万円)の支払いが必要となる。


ドライバーの背後にマウントされるのは、トヨタ製の可変バルブタイミング機構付き1.8リッターエンジン。136psのパワーで、860kgの軽量ボディを引っ張る。

そのカップカーは、この夏に発売された、136psを発生するトヨタエンジン搭載のノーマル「エリーゼS」(453万6000円)に、ロールケージや4点式シートベルトなどL.C.J.A.指定のレースパーツを装着したもので、車両販売価格は584万8500円。ナンバー付きだから、もちろん公道での走行もOKだ。

上記以外には基本的に“素”のエリーゼSだが、カラーリングはスペシャルで、ストライプ+ユニオンジャックがカップカーの証である。

レース参加の申し込みは、2007年1月中旬からの予定。詳しくは、L.C.J.A.(電話03-5754-0805)まで。

(webCG 有吉)




エルシーアイ:
http://www.lotus-cars.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る