【カーナビ/オーディオ】イクリプスから地デジ・パッケージナビ発売

2006.12.22 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】イクリプスから地デジ・パッケージナビ発売

イクリプス(富士通テン)から、HDDナビ「AVN6606HD」と12セグ/ワンセグ対応地デジチューナー「DTV106」、各種接続&配線キットをワンパッケージにした「AVN6606HDTV」(オープン価格)が発売された。
それぞれの定価を足すと34万1250円になるが、このセットモデルだと30万円前後の値付けがされると思われる。

AVN6606HDの内蔵HDDは40GBでモニターはEGA(約28万画素)の7型ワイド。ナビ機能は、時間軸を反映した渋滞考慮探索や難交差点案内を採用するなど、高解像度なVGAモニターを活かした交差点案内=カットインムービーガイドがない以外は、上級モデルのAVN8806HDと同等となる。
(ちなみに、AVN8806HDのナビ機能&性能は「カーナビの達人」を参照のこと)

オーディオ部はDVD/CDプレーヤーとメモリースティック、FM/AMチューナーを搭載。またアナログTVチューナーも内蔵しているので、AVN6606HDTVのパッケージでは、地デジもアナログTVも楽しめる。

HDDに音楽を保存&再生できるミュージックジュークの収録曲数は最大3000曲。常時4倍速で録音でき、FM多重放送から新譜のタイトルや曲名などの情報を無料で自動取得できるFM de TITLEにも対応している。
サークルサラウンドはCDなどの2chのステレオ信号から5.1chサラウンドのような立体音響を実現する機能だ。

DTV106は12セグ/ワンセグ自動切り替えタイプの地デジチューナー。現在発売されている地デジチューナーで唯一、フロント/リア4アンテナを採用しているのが特徴だ。

一般的なフロントウィンドウのみの地デジチューナーは、電波塔に近づくときと電波塔から遠ざかるときで受信感度が異なるのだが、4アンテナは進行方向に関係なく安定受信できる。またビルに反射した電波が影響するマルチパスにも強い。選局などの操作はタッチパネルでできる。

(文=石田 功)

イクリプス:
http://www.fujitsu-ten.co.jp/eclipse/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。