【カーナビ/オーディオ】ケンウッドから1万円台のCDレシーバー「シリーズE」登場

2006.12.22 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】ケンウッドから1万円台のCDレシーバー「シリーズE」登場

ケンウッドから市販カーオーディオ2007年モデルの第1弾として「シリーズE」3機種が発表。2006年12月下旬に発売された。

3機種とも1万円台のリーズナブルな1DIN CDレシーバー。iPodをはじめとしたポータブル・デジタルオーディオプレーヤーの音楽を楽しみたいというニーズに対応すべく、フロントパネルにポータブルオーディオプレーヤーを接続できるステレオミニジャックのAUX端子を装備している。


E222S(1万4700円) シリーズEのベーシックモデル。フロントフェイスにステレオミニジャックのAUX入力端子を装備し、手持ちのポータブルオーディオを接続可能。

上位モデルの「E323S」(1万7850円)は圧縮音源のMP3やWMA形式で記録したCD-R/RWの再生にも対応。圧縮時にカットされる高音域を、デジタル技術によって再生成する独自の特許技術「サプリーム」により、圧縮音源もいい音で楽しむことができる。

また別売のiPodインターフェイスユニット「KCA-iP501」(1万500円)を用意すれば、充電しながらiPodの音楽を楽しむことが可能。もちろんiPodの再生モードに対応した選曲などの操作はデッキ側でできる。


E222(1万4700円) こちらはE222Sの色違い。ブラックフェイスが精悍なイメージ。

「E222/E222S」(ともに1万4700円)は色違いのベーシックモデル。E222がブラックフェイス、E222Sがシルバーフェイスだ。全機種、内蔵アンプは最大出力50W×4。ロックはパワフルに、ポップスは軽快にという具合に、音楽ジャンルに合わせて6つのプリセットイコライザーから簡単に音質を選択できるdBイコライザーを搭載する。

(文=石田 功)

ケンウッド:
http://www.kenwood.co.jp/j/products/car_index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。