【スペック】全長×全幅×全高=4765×1880×1385mm/ホイールベース=2720mm/車重=1630kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8SOHC24バルブ(304ps/5750rpm、44.2kgm/4500rpm)/価格=460.0万円(テスト車=同じ)(写真=A)

フォード・マスタングV8 GTクーペ プレミアム(FR/5AT)【ブリーフテスト(中編)】

フォード・マスタングV8 GTクーペ プレミアム(FR/5AT)(中編) 2006.12.21 試乗記 ……460.0万円総合評価……★★★★新型「マスタング・クーペ」の車内へと目を移すと、決して安いモデルではないのに“もっと努力してほしいところ”が散見されて……。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
フロントウインドウの外、フェンダーに直立するラジオアンテナや後方視界を思い切り遮るリアスポイラーには思わず前時代的な雰囲気を感じてしまうが、インテリアのクオリティも決してホメられたものではない。
試乗車の明るいベージュを基調にシルバーのパネルを組み合わせた全体のデザインルはパッと見、良い雰囲気なのだが、材質はすべてハードプラスティックだしATセレクター含め可動部分のタッチもちゃちで、簡潔に言えば安っぽい。
10スピーカーを謳うCDオーディオも、正直言って20年前くらいの市販品かと思った。安いクルマだとはもはや言えないだけに、もう少し、いやもうカナリ、努力してほしいところである。
細身で大径の3本スポークステアリングや古典的なメーターのレタリングといったディテールには、他では味わえない魅力があふれている。マスタングに惚れ込んでしまった人は、少なくとも買う時にはそうした細かなことは目に入らないかもしれない。
しかし、だからこそマスタングと暮らすことが日常になったあとも、日に日にガッカリさせられるのではなく、逆にますます好きになれるようなクオリティであってほしいと思うのだ。

(前席)……★★★★
今どき珍しく左ハンドルのみの設定となるマスタングだが、あえて右が欲しいという人はそうはいないに違いない。ETCの普及もあって、困る場面も少なくなった。積極的に礼賛するものではないが、クルマのキャラクターからして、不満に思うほどのことでもない。
シートは本革張りのスポーツバケットタイプ。革は硬めで張りが強く、やはりそれほど高級という感じではない……というか、まるで昔のビニール製のようなのだが、サイズはたっぷりとしているし、サポート性もまずまず。運転席には6ウェイパワーシートとパワーランバーサポートが採用されているため、ポジション調整も楽にできる。調整範囲は比較的広いので、大柄な人から小柄な人まで体格を問わず、理想に近い姿勢を取れるだろう。
全方位に思った以上に見切りが良いこともあって、取り回しは事前に想像していたより難儀ではない。

(後席)……★★★
やはり本革張りとなる後席の広さは、身長177cmの筆者が「まあまあ座れる」というレベル。2名分と割り切ることで両脇のサポート部分に対して深くえぐられたシートクッションに腰を沈めるように身体を預けても、頭上がリアウインドウにかすってしまう。
一方、足先をフロントシート下に収められるので、下半身は窮屈な思いはしないで済む。とは言え、ここはやはり緊急用、いや荷物置き場だと見るべきだろう。

(荷室)……★★
バンパーレベルまで開くトランクリッドだが、そのバンパー位置自体がかなり高めな上に、フロア高もほぼ同様のところにあるというわけで、つまりこのラゲッジスペース、奥行きは手が届かないほどあるのだが天地が狭い。
しかも、日本仕様は全車プレミアムサウンドシステム用のウーファーがトランクスペース右側4分の1にデンと居座っている。要するに、あまりツカエない空間である。但し、リアシートの背もたれは5:5分割可倒式となっており、必要とあらばラゲッジスペースに充当できる。大して困ることもないはずだ。(後編につづく)

(文=島下泰久/写真=荒川正幸(A)、高橋信宏(T))

(写真=A)

(写真=A)
(写真=A)

(写真=A)
(写真=A)

(写真=A)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る