サーブ9-3スポーツセダン リニア1.8t(5AT)【試乗記】

ハイウェイのみならず 2003.02.18 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン リニア1.8t(5AT)……378.0万円2002年のパリサロンで発表されたサーブの新しい基幹モデル「9-3」。2003年1月20日、日本での販売が開始された。ハッチバックから4ドアセダンに変わったニューモデルに、webCG記者が乗った。

ニュー9-3、360.0万円から

うららかな日差しをあびて、プールの水面がやわらかく輝く。小さなさざ波の向こうに、エアロパーツを備えた「サーブ9-3スポーツセダン」が展示される。リゾートホテルの中庭には、道路からクレーンを使って搬入されたという。

2002年のパリサロンで、新しい9-3シリーズがデビューした。先代9-3のオリジンたる「(2代目)900シリーズ」から数えると、ほぼ10年ぶりのフルモデルチェンジとなる。今回はGMグループの各ブランドで活用される「イプシロン」と呼ばれるブランニュー・プラットフォームが使われるから、ニューナインスリーは、「オペル・ベクトラ」や「ポンティアック・グランダム」「サターンLシリーズ」などと姉妹……、親戚モデルになるわけだ。伝統の3/5ドアハッチのボディが捨てられ、上級車種「9-5」と同じ4ドアサルーンとなっての登場である。

03年1月20日から、早くもわが国でも販売が開始された。ラインナップは、「リニア1.8t」(360.0万円)と「アーク2.0t」(415.0万円)の2種類。同年5月には、「エアロ2.0T」(470.0万円)が追加される予定だ。いずれも2リッター4気筒ターボを搭載、チューンの度合い(150ps/175ps/210ps)によって差別化される。組み合わされるトランスミッションは5段AT。全車シーケンシャルシフトが可能な「セントロニック」を採用する。ステアリングホイールの位置は、左右どちらも選択できる。

だからこそサーブは……

新型9-3は、「サーブがプレミアムコンパクト・スポーツセダン市場に初めて投入するモデル」(プレスリリース)ということになっている。
「サーブはもともとGMグループ内のプレミアムブランドではないですか。先代9-3はプレミアムコンパクトじゃなかったんですか?」と、北欧の小メーカーに思い入れ強いリポーターが、日本ゼネラルモーターズのサーブ担当の方にうかがうと
「自分たちはともかく、外からどう見られていたのか、ということです」とのこと。現実は厳しい。
−−たとえば、「ルノー・ラグナ」は5ドアハッチですが……
「サーブでは、あのクルマは“プレミアム”とは考えておりません。
うーん、いまはなき「サフラン」と言うべきだったか。「ヴェルサティス」はあまりにトンがっているし、だいたいコンパクトでは……と思考を巡らせていると、
「BMWにせよ、メルセデスにせよ、世界でプレミアムと認められているクルマは、やはりあのボディ(4ドアセダン)なんです」と諭される。
−−だからこそ、サーブぐらいはハッチバックで……
と極東のエディターが勢い込んでみても、しょうがない。ローバーという足かせをはずした後のBMWの快進撃を見ていると、「ウチもあやかりたい」と考えるのが自然なのだろう。
それでも、サーブは年産13万台ほどの小さな自動車メーカーである。せっかく生き残りのために大樹GMの傘下に入ったのだから、ソフィスティケイテッド・ニッチメーカーとしての道を歩み続けるべきだと思うのだが……。

ニュー9-3のライバルとしては、「BMW3シリーズ」「アウディA4」、そして同郷ボルボの「S60」が挙げられる。

ちょっと峠にも

日本GMがメイングレードを見なす「リニア1.8t スペシャルパッケージ」に乗る。ファブリックシート、15インチアルミが標準のリニアに、レザーシートと16インチのセットオプション(18.0万円)を装備したモデルである。

全長×全幅×全高=4635(−15)×1760(+50)×1465(−10)mmと、ボディサイズは先代とあまり変わらない(カッコ内は新旧比)。ホイールベースは75mm長い2675mm。サーブらしく、いかにも空力がよさそうな外観は、見かけに違わず、ドラッグ係数(CD値)=0.28と優れた数値を示す。全体に、小ぶりな9-5といった印象だ。

スウェディッシュテイストあふれる、つまりキチンと整頓されて清潔感あふれる居心地のいい室内は旧型譲り。切り立ったダッシュパネルが、これまたいかにもサーブだ。シフターの後ろにイグニッションキーを差すのも従来通りで、細かい格子のパネルを重ねたエアコン吹き出し口も継承された。メーターパネルの横には、夜間にスピードメーター以外の計器の照明を消す「Night Panel」ボタンが備わる。メカニカルな面で個性を発揮するのが難しくなった現在、キーとなるデザインや機構を死守することが、ブランドイメージに直結することを痛感させられるインテリアである。

2リッター直4ターボは、わずか1900rpmで24.5kgmの最大トルクを発生する力強いエンジンで、ターボに手慣れたメーカーらしく、スロットルペダルの踏み始めから、ごく自然にやんわりと加速を加勢する。5段ATとのマッチングもよく、「D」レンジに入れっぱなしでなんら不満がない。
足まわりは硬めで、以前の“穏やかなスポーティ”といった味付けから、より直截的なセッティングが施された。テスト車は16インチホイール車だったので、続いて“素”の15インチモデルを短時間ながら試してみたところ、あたりはソフトに感じられたものの、基本的な味付けは変わらなかった。「スポーツセダン」と名前に込めた決意が、サスペンションにも表れている。
4シリンダーの軽い過給感を楽しみながら、「ハイウェイをドコまでも行きたい!」と感じさせるドライブフィールはこれまで通り。しかし、「ちょっと峠にも寄ってみようか?」と思わせるところが、新しい9-3の特徴である。

(文=webCGアオキ/写真=清水健太/2003年3月)

空力パーツをまとったトップグレード「エアロ2.0T」。210psを発生するハイプレッシャーターボを積む。

空力パーツをまとったトップグレード「エアロ2.0T」。210psを発生するハイプレッシャーターボを積む。
【スペック】
リニア1.8t:全長×全幅×全高=4635×1760×1465mm/ホイールベース=2675mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付(150ps/5500rpm、24.5kgm/1900rpm)/車両本体価格=360.0万円(テスト車=378.0万円)

【スペック】リニア1.8t:全長×全幅×全高=4635×1760×1465mm/ホイールベース=2675mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付(150ps/5500rpm、24.5kgm/1900rpm)/車両本体価格=360.0万円(テスト車=378.0万円)


サーブ9-3スポーツセダン リニア1.8t(5AT)【試乗記】の画像


サーブ9-3スポーツセダン リニア1.8t(5AT)【試乗記】の画像
9-3のサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアが4リンク式の独立懸架。リアサスはコーナリング中にアウト側のタイヤがトーアウトのパッシブステアを示し、クルマの回頭性を補助する。サーブ伝統の味つけだが、今回「ReAxs」とネーミングが施された。

9-3のサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアが4リンク式の独立懸架。リアサスはコーナリング中にアウト側のタイヤがトーアウトのパッシブステアを示し、クルマの回頭性を補助する。サーブ伝統の味つけだが、今回「ReAxs」とネーミングが施された。
「L850」シリーズと呼ばれる新型オールアルミエンジン。86×86mmと、スクウェアなボア×ストロークをもつ。150psと175psのチューンには「ギャレットGT20」、210ps用には「三菱TDO4」ターボチャージャーが装着される。

「L850」シリーズと呼ばれる新型オールアルミエンジン。86×86mmと、スクウェアなボア×ストロークをもつ。150psと175psのチューンには「ギャレットGT20」、210ps用には「三菱TDO4」ターボチャージャーが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る